« 輝いている女性 | トップページ | 金融円滑化法の時限爆弾 »

2010年9月 2日 (木)

集中力とリラックス

所長です。

メンタルトレーナーの西田文郎氏の「社長になる人はなぜゴルフがうまいのか?」。たしかにエグゼクティブにはゴルフの上手な方が多いですね。

Nazegolf

西田氏の分析によると、ゴルフと会社経営に対する集中力には共通点があるとか。

同じスポーツでもゴルフやテニス、ラグビーやボクシングでは集中力に違いがあるそうです。基本的にボディコンタクトがない、要はお互いにぶつかり合わない競技ではリラックスした上での集中力が要求されます。そのため、周りの雑音がとても気になります。

一方で格闘技などのように、お互いにぶつかり合う競技では興奮した上での集中力が要求されます。興奮状態にあるため、周りの雑音はあまり気になりません。

では、リラックス状態が必要な集中力を保つためにはどうしたらいいでしょう?1つのミスショットが気になり、集中力を欠いてしまう、といった事態も想定されますが、一流のプレーヤーはどんなにミスショットをしても、態度が変わりません。これはストレスに強いだけでなく、気持ちの切り替えが早いのだそうです。

そのため、ミスショットの直後でも、前向きな気持ちで次の一打に集中できるのです。

経営者にも同様なことが言えるそうです。どんな状況でも前向きに集中力を発揮できるため、成功率が高まっているようです。実際、脳内のホルモン分泌にも影響があるようです。

このような「前向きな集中力」「リラックス状態での集中力」を身につける方法として、簡単なルーティンワークが効果的らしいです。例えば、イチローがバッターボックスに入る時の動作、テニス選手がサーブを打つ前にボールをつく動作…。つまり、「自分の中のスイッチを切り替える動作」です。3秒程度でできる簡単なものがいいようです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

経営革新セミナー2010開催決定!
10/14…ANA、キリンビール工場見学
      →現在、受付中!
12/ 7…車内販売日本一・齋藤泉氏の基調講演
詳しくは当事務所サイトをご覧下さい。

« 輝いている女性 | トップページ | 金融円滑化法の時限爆弾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 輝いている女性 | トップページ | 金融円滑化法の時限爆弾 »