« ツキを超える成功力 | トップページ | 9月10日秋期大学講演、大野勢太郎氏 »

2010年9月13日 (月)

いのち輝くホスピタリティ

職員の今井です。

TKCさいたま秋期大学に私も参加してきました。

所長記述の基調講演の後は分科会があり、私は川越胃腸病院院長、望月智行氏の「いのち輝くホスピタリティ」と題した講演を聴いてきました。

Kichou

同名の著書でも有名な望月氏は、「医療は究極のサービス業」として、職員や患者の満足を徹底的に追求した病院経営を実践しておられます。

まずは職員の幸せの追求が第一。職員が幸せで喜びを持って働ける職場は、モラルや能力の向上があり、患者の満足や幸せが得られます。患者の満足は、病院の収益向上や、社会的評価の向上に繋がります。すると益々、職員の待遇やモチベーションが向上していくという「人満足の好循環スパイラル」が生まれるのです。

望月氏は、人を育て、人を幸せにするということに徹底的にこだわっておられます。それは並大抵なことではなく、二十数年かけてやっと今の川越胃腸病院が出来たのだそうです。

病床数40は決して大きくない規模ですが、それにもこだわりがあり、職員にも患者にも自分の目が行き届くギリギリの線で、身の丈に合ったホスピタリティ溢れる経営を目指しているとのことでした。

優れた経営者とは、考え抜かれた経営理念をしっかり持ち、決してぶれず、妥協せず、愛情を持ち、没頭して仕事をする人なのだと思いました。そういう経営者の下だからこそ、強い組織と人材が育まれるのです。

こういう深い考えをお持ちの方が川越にいらっしゃることを誇りに思わずにはおれませんでした。自分ももし機会があれば是非、川越胃腸病院に入院してみたい・・・というのは変な言い方ですかね。

機会と言えば、実は私には胃に経過観察のポリープがあるのですが、この際だから思い切って川越胃腸病院で切ってもらおうか・・・と家族に相談すると「そんな軽度な症状では相手にしてもらえないよ」と一蹴されてしまいました。

ふぅむ、少し残念です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

経営革新セミナー2010開催決定!
10/14…ANA、キリンビール工場見学
      →現在、受付中!
12/ 7…車内販売日本一・齋藤泉氏の基調講演
詳しくは当事務所サイトをご覧下さい。

« ツキを超える成功力 | トップページ | 9月10日秋期大学講演、大野勢太郎氏 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツキを超える成功力 | トップページ | 9月10日秋期大学講演、大野勢太郎氏 »