« いのち輝くホスピタリティ | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ »

2010年9月14日 (火)

9月10日秋期大学講演、大野勢太郎氏

職員・田村です。

「皆さん、おはようございます」

PM4:20に始まった講演会の第一声は、毎朝ラジオから聴こえてくるアノ声でした。ご本人曰く、この挨拶から始まらないと調子が狂うのだそうです。

大野勢太郎氏と言えば、スポーツに精通している人だというのは皆さんご存知だと思います。その中でも相撲、野球、サッカーに関してはラジオ番組でも多く発言しています。この講演でも相撲と野球の話を中心に聴くことが出来ました。

Seitaro

歴史に名を残す人というのはそれ相当の努力をしているということでした。そしてその努力は必ずしも人目にふれる所だけでなく、陰で努力していることもあるのだと・・。

横綱白鵬は寝る前に必ず尊敬する双葉山の立ち会いのビデオを観賞し、巨人軍終身監督である長嶋については、試合が終わってから自宅でトスバッティングの練習をする。そんな内容でした。

正直初めて聴く話も多かったですが、それは大野勢太郎氏自ら得た情報なのだそうです。

歴史に名を残す人でさえそれ相当の努力をしている・・自分はまだまだだと痛感させられました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

経営革新セミナー2010開催決定!
10/14…ANA、キリンビール工場見学
      →現在、受付中!
12/ 7…車内販売日本一・齋藤泉氏の基調講演
詳しくは当事務所サイトをご覧下さい。

« いのち輝くホスピタリティ | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いのち輝くホスピタリティ | トップページ | リッツカールトンのホスピタリティ »