« 事業承継の準備 | トップページ | 行動を伴う »

2010年8月19日 (木)

稼ぐ商品づくり

所長です。

経営コンサルタント井上和弘先生の「稼ぐ商品・サービスづくり」。本書は「社長の経営革新シリーズ」の第二弾で、「儲かるようにすべてを変える」の続編ともいえます。

Inoue02

出版されて8年が経過しようとしている本書ですが、現在の不況下で売上が低迷している中小企業の経営者に是非読んで頂きたい一冊です。

企業が利益を出すためには絶対に売上が必要です。どんなに経費を削っても限界があります。だから経営者はまず売上を上げることに注力すべきです。

しかし、売上が上がっても利益が伴わなければ意味がありません。

そこで、「安くても儲かる仕組みづくり」か「高くても売れる魅力づくり」が必要になります。多くの経営者はここを無視しているのです。

そして、特に規模の小さい企業ほど、「高くても売れる魅力づくり」をしなければならないのです。いわゆる「オンリーワン」です。

売値を相手から強制的に決められてしまうようでは、そもそも商売といえるのでしょうか?磨きぬいた商品力で相手を満足させるのは商売の基本のハズです。結局、業績の悪化に対する根本的な原因は不景気ではなく、商売の基本を忘れた経営者の姿勢にあるのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

経営革新セミナー2010開催決定!
10月はANA、キリン工場見学
12月は齋藤泉氏の基調講演
詳しくは当事務所サイトをご覧下さい。

« 事業承継の準備 | トップページ | 行動を伴う »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 事業承継の準備 | トップページ | 行動を伴う »