« 驚異の社員教育 | トップページ | 夏の風物詩 »

2010年7月31日 (土)

ビジネスチャンスは自分が作る

職員の今井です。

先日、㈱武蔵野の小山昇氏とホッピービバレッジ㈱の石渡美奈氏のコラボ講演会に私も行って来ました。

両氏の著書は数冊読んで、予習はしていったつもりでしたが、実際にナマの講演を聴くと、内容の濃さや奥深さもさることながら、話し方や素振りからにじみ出る人柄をも知ることが出来て、大変感銘を受けてきました。

ただのコラボ講演会だと思っていたら、事前には予想もしなかった面白い企画がありました。所長も書いているのですが、私もそのことに触れてみたいと思います。

石渡氏の講演の最後に、ホッピー入社3年目の社員と、来年の採用内定者2名が壇上に上がってきました。ホッピーの宣伝かなと思っていたら、入社3年目の広報担当の彼女は「メールマガジンの会員を増やしたいので、配布資料の登録申込書にメールアドレスを書いて提出してくれないか」というお願い事をしました。多分20代半ばの見るからに若い彼女は、千人の来聴者を前にして、堂々と自社の宣伝をしていました。

続いて採用内定者男女2名の自己紹介がありました。勿論、こんな盛大な場所に慣れているわけもなく、女性の方は緊張の余りとても強張った表情でした。彼女の今日の目標は、会場に来ている人たち100人と名刺交換をすること。ホッピービバレッジ㈱では、新入社員は、100人と名刺交換すると、会社から携帯電話を貸与されるそうで、それまではMy携帯なんだそうです。

社員達はそれぞれ自分の立場や状況を踏まえて、考えながら、一生懸命行動しているんだなと、心打たれるものがありました。

休憩時間に入ってから、私は早速、メールマガジンの申し込みと、内定の彼女との名刺交換をしちゃいました。

名刺交換をした時に、「これから色んな事があるだろうけど、負けずに頑張って」と声を掛けると、彼女は可哀想なくらい緊張していた壇上での様子とは打って変わって、強い眼差しで私を見つめて「はい、絶対頑張ります」と答えてくれました。

ホッピービバレッジ㈱では、営業に出ると、商品の試飲などしてもらうかたわらで、先方のトイレ掃除をするんだそうです。ビデオを見たのですが、素手にスポンジを握って便器を磨いていました。

世の中が不況で「仕事が減った、業績が上がらない」とこぼす社長さんは沢山いるでしょうが、こんなご時勢でも、着実に業績を伸ばして増収増益を続けている会社があることも事実です。

メルマガ登録でも、名刺交換でも、営業先でのトイレ掃除でも、ビジネスチャンスは自分のやる気と工夫次第で、いかようにでも作り出せると、今日の講演会で確信しました。

私は経営者ではありませんが、己を振り返ってみて、「もっと頑張れるよ自分・・・」と思いました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 驚異の社員教育 | トップページ | 夏の風物詩 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 驚異の社員教育 | トップページ | 夏の風物詩 »