« 社会価値 | トップページ | 自社の強みの見つけ方 »

2010年7月15日 (木)

経営の教科書

所長です。

私が注目している経営者、星野リゾートの星野佳路氏が経営の教科書として活用している図書を紹介した本が「星野リゾートの教科書」です。

Hoshinoresort02

星野氏は新刊よりも過去の名著を選ばれる傾向があるようです。新手の手法は結果が出るまでに早くて数年かかるでしょうが、過去の名著はすでに幾多の成功事例を導いているから、教科書として最適、ということのようです。

しかし、多くの経営者は「実際の経営は教科書通りにいかない」と反論するかもしれません。でも星野氏に言わせれば、「徹底して教科書通りにしていないから成果が出ない」のだとか。

実際に星野リゾートでは各地の旅館やホテルの再建をしていますが、その成功例は星野氏が「教科書」として選んだ1冊の教えを徹底した結果なのです。武蔵野の小山氏も「徹底すること」の大切さを説かれています。

極端に言えば、選んだ本は何でもいいのかもしれません。その理論をいかに徹底して実行するか、そこが重要なのかもしれません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 社会価値 | トップページ | 自社の強みの見つけ方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 社会価値 | トップページ | 自社の強みの見つけ方 »