« パラダ | トップページ | 人を信じても仕事は信じるな »

2010年7月27日 (火)

チャンスとピンチ

所長です。

毎日猛暑が続いていますが、ここ連日の夕立ちでいくらか朝が涼しくなった気がします。犬の散歩が楽に感じます。

さて、タリーズ・ジャパンの創設者であり、先日の参議院選で見事、当選を果たした松田公太氏の新著が出ています。

「チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人」

Chancepinch

本書では二部構成になっていて、前半が小説仕立て、後半がその小説をもとにした松田氏の持論展開となっています。

本書が一貫して伝えるのは、「チャンスとピンチは表裏一体」であること。

チャンスの裏にピンチが潜んでいるかもしれないし、ピンチの陰にチャンスが待っているかもしれません。

そのため、「真の成功」をつかむためには、短期的な視野に捉われず、ブレない信念に基づいて行動することが必要になります。

そして、逆境にも負けず、その信念に基づいて踏み出す勇気が必要になるのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« パラダ | トップページ | 人を信じても仕事は信じるな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パラダ | トップページ | 人を信じても仕事は信じるな »