« ワタミの介護 | トップページ | 在庫管理のススメ »

2010年7月12日 (月)

国民の審判

所長です。

今朝は参議院選とワールドカップ決勝のお陰で、寝不足の方も多いでしょう。

私は土曜日に税理士会のソフトボール部の練習に参加したせいで全身筋肉痛になり、それが辛くて寝不足でした。自身の運動不足、つくづく反省です。

さて今日は、TKCの研修で政治評論家の屋山太郎氏の講演を聞いてきました。

ここ昨今の政局の流れ、そして今日の屋山氏の話を聞いて、現在の日本経済の混乱は官僚主導の政治にあります。古今東西、いつの世も永遠に機能するシステムはなく、官主体システムの老朽化、陳腐化に手を打てないことに問題があるのでしょう。海堂尊氏の小説を読んでいても(現在、「ジーン・ワルツ」を読書中)、同様の問題を感じます。

その一方で政治家・官僚だけでなく、国民全員の自助努力も欠けているように感じます。

自らの生活シーンにおいては、全員が主役であるわけですから、一人一人がきちんと個々のステージで輝かなければなりません。そのためには努力も必要です。何の努力もせずに輝けるわけがないのです。

ちなみに屋山氏の見解では、民主党は公明党、みんなの党と連立し、郵政改革はせずに官僚政治改革を断行すべし、だそうです。それが出来たらいいでしょうけど、難しそうだなぁ…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« ワタミの介護 | トップページ | 在庫管理のススメ »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワタミの介護 | トップページ | 在庫管理のススメ »