« 企業防衛研修 | トップページ | 銀行交渉術 »

2010年6月 2日 (水)

やる気のスイッチ

所長です。

今朝の突然の鳩山首相の辞意表明、びっくりしました。「政治と金問題」「米軍基地」など野党時代に自ら非難していたことがそっくり自分に返ってきていたと思ったら、「選挙前の辞意」まで…。結局、誰が政権握っても、この国の政治システムは変わらないのでしょうか?う~ん…。

さて、気分を変えて…。

人の話を聞いたり、TVを見ていて、「よし、オレもやるぞ!」と思ったのに、結局何も実践できなかった、なんてこと多くないですか?

私もそんなこと、しょっちゅうです。

でも、本書「やる気のスイッチ!実践セミナー」を読んで納得。

Yarukisuich

今までの習慣を改める、ということはある意味、異常な行動を取ることになります。

例えば、毎日食後にチョコレートを食べている人にとって、「食後にチョコレートを食べる」という行動が「通常」です。しかし、健康のためにチョコレートを食べることをやめ、毎日ジョギングをしようとすれば、「通常」の状態から見ればそれは「異常」なのです。

脳はその「異常」を回避するため、その「異常」な行動をする気持ちを押えこみます。つまり、「やる気が失せる」のです。

なんだ、そういうメカニズムなんですね!

本書は「やる気を出す」=「根性論」を否定し、メンタル・メカニズムを理解した上で、いかにやる気を引き出すか、その実践理論を解説しています。

経営者は「やる気の出る仕組み作り」を考える一方で、こういったメンタル・メカニズムにも気を配ることも必要かもしれませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 企業防衛研修 | トップページ | 銀行交渉術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業防衛研修 | トップページ | 銀行交渉術 »