« ハッピーリタイア | トップページ | プリマヴェーラ »

2010年5月29日 (土)

あってはならないこと

所長です。

今日、あってはならないことが起きていたことが判明しました。

今月の決算内容。

クライアントからの確認の電話で、税額計算のミスが判明しました。

集計する時に桁数を間違えたのが原因。簡単な単純ミス。

すぐにお詫びし、納付書を差し替えさせて頂きました。

申告・納付前で本当に良かったです。

プロの仕事として恥ずかしい限りですが、つくづく「アナログ作業につきまとう単純ミスの撲滅」の難しさを痛感しました。

自計化が進み、月次決算がスムーズに行われている会社においては、こういった単純ミスが激減しています。「注意力をあげろ!」という根性論ではミスの発生率を下げることは出来ても、撲滅はできません。やはり、「ミスが起きない」ための仕組み作りが必要です。

それでも人間ですからノーミスとはいきません。万が一、ミスを起こしてしまった時には、その対応も重要です。ミスをうやむやにせず、きちんと誠意ある対応を迅速に行わなければクライアントの信頼は勝ち得ません。

今日のことは大切な教訓とさせて頂きます。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« ハッピーリタイア | トップページ | プリマヴェーラ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハッピーリタイア | トップページ | プリマヴェーラ »