« 田村で金、谷でも金、ママでも金、先生でも金? | トップページ | BOOK3 »

2010年5月13日 (木)

条件変更の後

所長です。

今日、ちょっと時間ができたので、ご迷惑を顧みず、地元の金融機関へ突撃訪問。3行ほど、お邪魔したのですが、タイミング良く3行とも支店長様がいらっしゃいました。

3行の支店長様とそれぞれ雑談しつつ、情報収集とさりげなく事務所のPR。

その中で感じたのは、いわゆる金融円滑化法により、資金難に陥った中小企業に対する貸出条件変更に関する問題について。

ニュースや新聞では、「銀行に条件変更に応じさせる」という点ばかり。実はその裏には「経営改善計画」があることがすっかり抜けてしまっています。

実際、「条件変更」だけで中小企業の経営課題はちっとも改善しないのです。そればかりか、むやみに条件変更を行うと、結果的に返済額が増えてしまう危険性さえあるのです。

だから、経営危機に陥った中小企業こそ、抜本的な経営改善が必要なのです。借入金の返済原資は利益からしか生まれないのですから。

それなのに、金融機関側の「貸し渋り」ばかりクローズアップされています。本来、中小企業側の経営努力についてもクローズアップしなければならないのに。

おかげで、クライアントの経営改善への当事務所の取り組みについて、高く評価して頂けました。

また、ここ埼玉県では、県も頑張る中小企業を応援しています。現在、「チャレンジ経営宣言」の応募受付中です。埼玉県内の中小企業の経営者の皆さん、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 田村で金、谷でも金、ママでも金、先生でも金? | トップページ | BOOK3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田村で金、谷でも金、ママでも金、先生でも金? | トップページ | BOOK3 »