« 自社株の相続 | トップページ | 交渉の日 »

2010年4月 7日 (水)

リンゴの絆

所長です。

月曜日はTKCの支部役員会、火曜日はTKCの支部委員会と連日会議。今年度の方向性を確認し、クライアントの黒字決算支援に向けて士気を高めました。

さて、すっかり有名になった「奇跡のリンゴ」の木村秋則氏の新著「リンゴの絆」。

Applekizina

本作は木村氏の「奇跡のリンゴ」誕生秘話に肉付けされるエピソードです。書籍としては新エピソードや後日談など、もう少し奥行きが欲しかった所ですが、「奇跡のリンゴ」のエピソードについては何度読んでも感動しますね。

無農薬のリンゴ栽培に挑戦していた木村氏を支えた友人、無農薬のリンゴを料理として世に紹介した友人、誰かが欠けても木村氏の「奇跡のリンゴ」は生まれなかったかもしれません。

苦しくても本気で頑張っている時には、本当に必要な人が集まります。必要な人が集まらない時は、本人の努力が足らないのかもしれません。

企業だって同じでしょう。

「うちにはロクな従業員がいない。」そうぼやくのならば、それは経営者の責任なのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 自社株の相続 | トップページ | 交渉の日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自社株の相続 | トップページ | 交渉の日 »