« 制覇! | トップページ | 大型SCに負けるな! »

2010年3月17日 (水)

金融公庫との交流会

所長です。

昨日の暖かさとは打って変わって、冷たい風の吹く一日ですね。

確定申告が終わって、ホッと一息も束の間、早速色々な行事が立て込んできます。昨夜はまず、日本政策金融公庫とTKC会員との交流会に出席しました。

長引く不況の中、中小企業の財政事情は逼迫しています。そのため、融資を効率的に活用する必要があります。

あくまで「効率的活用」ですから、ただ単に「融資を引き出す」だけではいけません。

そういう意味では金融機関との交流会は、中小企業にとって「効率的活用」となる融資のあり方を率直に聞く事のできる貴重な場ですから、こういった席に出て、情報をクライアントに流すことも私の重要な仕事です。

昨夜の印象では、ここ最近の金融機関の対応にはかなり柔軟性が出てきたな、という気がします。その一方で、中小企業の経営者には「明確な将来のビジョン」が求められます。「貸せない」のは、中小企業の経営者の姿勢にも理由があるのです。

「明確な将来のビジョン」作りに効果的なのは、やはり経営革新への取り組みだと思います。是非、「明確な将来のビジョン」を作って、「生き残れる企業」になりましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 制覇! | トップページ | 大型SCに負けるな! »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 制覇! | トップページ | 大型SCに負けるな! »