« 経営革新の承認 | トップページ | 今週の作品 »

2010年3月 6日 (土)

悪条件を克服せよ!

所長です。

日経ビジネスの3月8日号掲載の「隠れた世界企業」の記事です。

Nikkeib20100308

宮崎県にある都農ワインの作るワインは、世界ワイン100選にも選ばれる逸品です。

都農ワインの企業規模としては従業員11名のいわゆる中小企業。それでも世界に誇れるワインを製造しています。

しかし、実は宮崎はワイン作りには不適切な場所。ワイン用のぶどうにとって、宮崎の降水量は多過ぎたのです。ぶどうをワインにするためには糖度が必要ですが、その糖度が足りないどころか、実がならないことさえあったそうです。

このような悪条件では、普通ならワイン作りを諦めてしまう所ですが、ぶどう畑の土壌改良を重ね、ついに降水量の多い宮崎でもワインに適したぶどうが栽培できるようになったのです。これは当時の業界の常識を覆すものでした。

通常、ワインというとフランスやイタリア、チリなど外国産が好まれる傾向にありますが、このように国内のワイナリーも努力を重ね、世界に通用するワインが作られるようになっています。是非、国産ワインにも目を向けて頂きたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 経営革新の承認 | トップページ | 今週の作品 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 経営革新の承認 | トップページ | 今週の作品 »