« バースデイパーティー | トップページ | 扶養家族 »

2010年3月 2日 (火)

連鎖倒産の回避

所長です。

いよいよ3月に入りましたが、いっこうに景気回復の兆しが見えません。

Strategicmanager201003

㈱TKCから出版されている経営者向け雑誌「戦略経営者」、最新号の特集は「取引先倒産の予兆」。

連鎖倒産、とまではいかなくとも、取引先の倒産は自社の経営にとって脅威です。取引先の倒産に対するダメージを最低限に抑えるには、その予兆を見逃さないことが大切です。

その予兆を見逃さないためには、どういった点に着目すべきか?お手元に本誌のある方は、今回の特集をよくお読み頂きたいと思います。

ちなみに私の実感としては、やっぱり、「職場の雰囲気」ですね。職場がちらかっている、従業員の挨拶が良くない、従業員の定着率が悪い、雰囲気が暗い…えてして、そういう企業の業績が良くない傾向にあります。

過去の例では、業績の芳しくない企業からアドバイスを求められ、「従業員の定着率を上げて下さい。」と言ったら、「うちにはロクなヤツが来ないんだよ。」の一点張りだった所は結局、倒産してしまいました。

又、毎月訪問しているのに、私が挨拶しても、従業員がずっと下を向いたまま自分の仕事をしている企業も同様の結果になりました。

結局、企業は人の集合体です。そこに集う人々が活き活きとできなければ、企業が活性化できるわけはありません。もし、「ここの会社、雰囲気が悪いな」と感じたら、他山の石とせずに、自社に置き換えてみて下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« バースデイパーティー | トップページ | 扶養家族 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バースデイパーティー | トップページ | 扶養家族 »