« マイナス5℃ | トップページ | 儲かるようにすべてを変える »

2010年1月15日 (金)

葉っぱで年収1000万円

所長です。

昨夜のルビコンの決断、観ましたか?

限界集落ともいわれる過疎の農村を救った、農家のおばあちゃん達による“葉っぱ”ビジネスの物語。以前、私のブログでも紹介した書籍「そうだ、葉っぱを売ろう!」の再現ドラマです。

元々みかん栽培が中心だった山間の農村を異常寒波が襲います。村人が丹精込めて育てたみかんの木が壊滅してしまいます。収入源を失った村は存亡の危機に立たされます。

そんな村を救ったのが“葉っぱ”ビジネス。料亭などで使われる、いわゆる“つまもの”として使用される葉っぱを商品にしよう、というもの。葉っぱならまわりにいくらでもあります。しかし、それまでつまものは商品として流通していませんでした。料理人が自ら山で採ってくるのが常識でした。

「そんなもの、商売にならない。」誰もがそう思いました。しかし、“葉っぱ”でなんと年収1000万円を稼ぐおばあちゃんまで現れ、村は活性化しました。過疎の村だった所が、今では新築ラッシュだそうです。

過去の常識にとらわれ、せっかくのビジネスチャンスが目の前にあるのに、気がついていないかもしれません。せっかく、これだけ景気が悪くなったんですから、過去の常識、捨てちゃいましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« マイナス5℃ | トップページ | 儲かるようにすべてを変える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マイナス5℃ | トップページ | 儲かるようにすべてを変える »