« 太いパイプ作り | トップページ | ダイワマン »

2010年1月 8日 (金)

丸亀町商店街

所長です。

昨夜、TV東京で放映された「ルビコンの決断」を観ました。

昨夜は高松にあります丸亀町商店街の復興についてでした。

最近、シャッター通りと化している商店街が増えています。丸亀町商店街もその危機を迎えようとしていました。しかし、危機に瀕する前に生まれ変わることを決断します。

今ではその決断が功を奏し、シャッター通りとなる危機を脱し、売上も以前の3倍になるなど、町全体が活気づいたそうです。

しかし、この決断にはいくつもの大きな壁がありました。なんといっても、商店街のすべての店が協力してくれなければならないのです。自分の店作りだけ考えていては出来ない発想であり、自分の店を捨ててでも町作りに協力してもらえなくてはならないのです。事実、靴屋さんだった店がうどん店、呉服店がスイーツ店に転業するなど、通常ありえない決断を町全体がしたのです。

自分の会社の行く末を考える時、「この地域社会にとって、この会社、この店が必要か否か?」を考える必要性を感じた1時間でした。

因みに、この丸亀町商店街のリニューアルを手掛けたコンサルタントの方は、実は川越の蔵造りの町並みをも手掛けた方だったということで、尚一層、興味をもって番組を観ていました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 太いパイプ作り | トップページ | ダイワマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本年もよろしくお願いします。
太いパイプづくりできるよう
がんばります。
またどこかで会いましょう。

これはこれは、茨城のエース、拓さんではないですか!
本年もよろしくお願い致します。
今度は春の伊香保かな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 太いパイプ作り | トップページ | ダイワマン »