« Adam Lambert | トップページ | 大宮で経営革新セミナー »

2009年12月 4日 (金)

合同開催セミナー

Seminar091204 所長です。

本日、TKC経営革新セミナー2009の合同開催を行いました。

TKC埼玉西支部の会員事務所が、その力を結集し、素晴らしいセミナーが開催できました。

今回は関東財務局から講師派遣をして頂き、現在、中小企業を悩ませている「資金繰り対策」に焦点を当てたセミナーでした。後半では、支部会員税理士により、資金繰り対策と経営改善計画について講演しました。

今日のセミナーの内容を取りまとめると、結局、「経営に役立つ帳簿作り」、これに尽きます。そのためにはタイムリーであることが条件です。3ヶ月も前の数字では役に立たないのです。いかに適時適正な経営数値を経営者がつかむか、そして、それをいかに経営に役立てるか、そこに経営手腕が問われる時代なのです。

今回、私はとりまとめ役をしていた関係で、冒頭でご挨拶した以外、講師を務めることもなかったのですが、妙に疲れました。もしかしたら、自分で講師をやる以上にエネルギーを使ったかもしれません。

けれども、会場を満員札止めにし、アンケートの結果も概ね好評だったこと、特段トラブルもなく終了できたことで、ちょっとした高揚感もあります。

ふう…、と一息つきたい所ですが、また来週月曜には大宮で講師をします。一息ついている場合ではありません!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« Adam Lambert | トップページ | 大宮で経営革新セミナー »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Adam Lambert | トップページ | 大宮で経営革新セミナー »