« 「新」 | トップページ | 大和ハウチュ »

2009年12月12日 (土)

リサイクル

所長です。

先日、自宅のビデオデッキに溜まっていた「ガイアの夜明け」を観ました。

テーマは「リサイクル」。衣料品のリサイクルと鉄屑のリサイクルの2話。どちらも有効利用ができるもの。衣料品なら古着などのリサイクルの仕方もあります。

しかし、衣料品にしても、鉄屑にしても、最終的な行き場は東南アジア、つまり後進国でした。カンボジアの子供たちが日本人の古着をよく着ているのは知っていましたが、鉄屑はバングラデシュに行っているとか。鉱物資源のないバングラデシュでは鉄屑は貴重な資源なのだそうです。

しかし、アジア最貧国とも言われるバングラデシュでは、大型船のスクラップ作業の過程で海水汚染のおそれがあるようです。うまくリサイクルの輪として機能しているのなら良いのですが、一歩間違えると、後進国を「先進国のゴミ箱」にしていないのか、不安に思いました。

環境意識が高まっている今、「リサイクル」は一つのビジネス・キーワードです。ちょっと意識してみると、毎日の生活の中から意外なヒントが見つかるかもしれません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 「新」 | トップページ | 大和ハウチュ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「新」 | トップページ | 大和ハウチュ »