« シンケンジャー | トップページ | 企業ドクターの直言 »

2009年11月10日 (火)

プロ野球ストーブリーグ

所長です。

今年の日本のプロ野球も、巨人の優勝で幕を閉じました。

思えばWBCの二連覇を皮切りに、原監督は大変な一年だったと思います。

そんなプロ野球、早くも来季に向けて選手補強やら、放出やら、引退やら、選手の移籍の話題が出ています。

今年、満足のいく成績を残し、年俸アップで臨める選手は良いのでしょうが、年俸ダウンどころか戦力外通告を受ける選手には厳しい時期といえるでしょう。

プロスポーツの世界は結果がすべての厳しい世界です。では、企業経営はどうでしょう?同じだと思います。成績はすべて決算書に表されます。「頑張ったんだけど…」では済まないのです。

だからかもしれませんが、スポーツ選手の話は企業経営のヒントになることが多いです。先日、当事務所のセミナーの時にも、元ヤクルトの古田敦也氏や楽天・野村監督の話に触れさせて頂きました。

これからウィンター・スポーツのシーズンになりますが、楽しみながら、経営についての気づきを得られるよう、観戦してみても良いのでは?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« シンケンジャー | トップページ | 企業ドクターの直言 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンケンジャー | トップページ | 企業ドクターの直言 »