« 残業代 | トップページ | 大不況に勝ち残る企業 »

2009年11月24日 (火)

次はネパールだ

Hadakademo2 所長です。

バングラデシュにおけるバッグ生産で起業した山口絵理子氏の次の挑戦を描いた「裸でも生きる2」が出ました。

フェアトレードのあり方に疑問を持ち、貧困国でしっかりとした技術、商品力を持ち、先進国のメーカーと対等に渡り合える会社を作る。それによって経済的自立を求める、という山口氏の経営方針はブレません。

バングラデシュの次はネパールに挑戦します。

しかし、バングラデシュでの成功体験が即、他国でも通用するとは限りません。何度もくじけそうになりながら、それでも山口氏は歩き続けます。

企業の真の成長には「夢」や「志」が必要です。「単なる金もうけ」の発想だけでは、これからの厳しい経済環境の中での長期的経営は困難でしょう。

山口氏の経営には「夢」や「志」があります。だから、無謀ともいえる挑戦にも人が集まり、感動を呼ぶのでしょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 残業代 | トップページ | 大不況に勝ち残る企業 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 残業代 | トップページ | 大不況に勝ち残る企業 »