« 東京国際フォーラム | トップページ | 日々の積み重ね »

2009年10月 2日 (金)

旦那のデビュー戦

職員Eです。

シリーズ化しつつある(?)「初心者ゴルフ道」のその後です。

先日初めて、主人とラウンドしてきました。主人にとってはコースデビューです。

主人がゴルフを始めたのは、私と一緒の1年半前ですが、私の方は、1ヶ月後に所内ゴルフで無理やりコースデビューを果たし、その後も所内ゴルフで2回ラウンドしました。その間、主人は練習ばかり。私がゴルフコースへ行くのを羨ましそうにしていました。

それがとうとうコースデビュー。私のコースデビューは、ボロボロだったので、果たしてどういうことになるのやら、不安いっぱいのスタートでした。

私と主人の腕は、どっこいどっこいで、飛距離は私の方がちょい上。要するに、まだまだ下手っピです。当日はお願いして、主人もレディースティーから打たせて頂きました。ところが私の心配をよそに、主人は初ラウンドにしては上出来の130台で回り、私は主人よりも6打多く叩いてしまいました。やはり1年半、黙々と練習を続けてきた成果が出たのでしょうか。私の方は、ティーショットや、グリーン周りはまあまあ良かったのですが、フェアウエイでチョロばっかり。なかなか思うようにはいきませんでした。

主人は、「すごく楽しかった」と大喜びです。意気揚々として、その日の夜のゴルフレッスンで早速、得意満面で「妻に勝ったんですよ!」コーチにスコアの報告をしていました。チッ、余計な事を言って、悔しいなぁもう。。。

するとコーチは「ご主人それは自慢になりませんよ。レディースティーから打ったんでしょ。ご主人がレギュラーティーから打って、奥さんに勝ったら褒めてあげますよ。」と言って、逆に主人をたしなめていました。ヘヘヘン。

夫婦間の低レベルな争いは、これからも続きそう。でも下手ながらも、少しずつ上達しているとお互い慰めあい、これからも精進していきたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 東京国際フォーラム | トップページ | 日々の積み重ね »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京国際フォーラム | トップページ | 日々の積み重ね »