« アラフォーの挑戦 | トップページ | 東京国際フォーラム »

2009年9月30日 (水)

グローバル化

Coke 所長です。

インターネットの普及により、世界の距離感が縮まったように感じられます。では、真のグローバル化は進んでいるのでしょうか?

本書「コークの味は国ごとに違うべきか」によれば、現在の世界はセミ・グローバル化の状態なのだそうです。世界のあらゆる地域に進出することはできますが、その地域性というものはまだまだ根強く存在しているのです。

だから、世界的な成功を収めるためにはそれぞれの地域性にあった戦略をとらなければなりません。コカコーラにしても、日本では驚くほどのアイテム数を展開させています。(日本では当たり前すぎて、特別なことと思いませんが、海外では異例なことなのだそうです。)

ある意味、他国での成功体験を引きずらないように気をつける必要があるのだと思います。これは過去の成功体験にしがみつかない、ということに置き換えられるかもしれません。とにかく、「新しい消費者のニーズ」を探究していくことなのでしょうね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« アラフォーの挑戦 | トップページ | 東京国際フォーラム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アラフォーの挑戦 | トップページ | 東京国際フォーラム »