« 不屈の者たちへ | トップページ | BON DANCE »

2009年8月21日 (金)

ネトゲ廃人

Netoge 所長です。

皆さん、「ネトゲ廃人」って言葉、ご存知ですか?

一般的にネットゲームのヘビーユーザーで、一般社会に適応できなくなってしまった人をいうようです。(中には自嘲的に使う場合もあるようですが。)

本書はその「ネトゲ廃人」に関するノンフィクション作品です。はっきり言って、読んでて途中で怖くなりました。ネットゲームにはまってしまったせいで、人生を狂わせる人がいるなんて…。

これは一種の中毒症状です。その中毒症状から脱出できた人もいますが、中には睡眠も食事もロクに摂らず、死に至っている人もいるようです。

このような情報を得ると、「ネットゲームはけしからん!」という風潮になるかもしれません。しかし、根本的にネットゲームに罪はない、と私個人的には思います。

お酒にだって、アルコール中毒があります。しかし、お酒は人生を豊かにしてくれる働きもあります。つまり、使いようで薬にも毒にもなるのです。

ネットゲームも同様だと思います。ネットゲームを通して友人を得られる人もいれば、ネットゲームでストレス解消している人もいるでしょう。全ての人が人生を狂わせるわけではないのです。

世の中、いろいろ考えさせられるネタは多いものです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 不屈の者たちへ | トップページ | BON DANCE »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不屈の者たちへ | トップページ | BON DANCE »