« 企業と経営革新 | トップページ | カブトムシ »

2009年8月17日 (月)

100年企業

所長です。

昨日まで当事務所では夏季休暇を頂いておりました。今日から通常営業、再開です。よろしくお願い致します。

皆様はこのお盆期間、いかがお過ごしだったでしょうか?帰省された方、旅行に行かれた方、ずっと仕事だった方、色々だと思いますが、有意義に過ごせたでしょうか?

さて、昨日(16日)の読売新聞を見ていましたら、次の記事が掲載されていました。

「創業100年超 2万社 -こつは「変化」「身の丈経営」「従業員重視」-」

東京商工リサーチ社の調査によると、国内で創業100年を超える長寿企業は約2万社あるそうです。国内最古の企業は創業1400年を超える金剛組。なんと西暦578年創業です。聖徳太子の時代の話です。

この100年超の長寿企業の特徴は、①時代に合わせて変化、②身の丈に合った経営、③従業員重視、の3点なのだそうです。

これって、当事務所でも日頃からクライアントに言い続けていることです。

結局、経営に特効薬はなく、ひたすら地道に努力を続ける以外に道はない、ということだと思います。貴社も是非、100年企業を目指して下さい!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 企業と経営革新 | トップページ | カブトムシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業と経営革新 | トップページ | カブトムシ »