« 国民の義務 | トップページ | 企業と経営革新 »

2009年8月11日 (火)

商売復興計画

所長です。

台風に地震、帰省ラッシュ前になんて嫌な夏休みなんでしょう。しかし、これで台風と地震のWパンチ状態の災害対策も検討する必要が出てきましたね。

Hukkouさて、被災地の復興も非常に大変な問題ですが、この厳しい時代に傾きかけた経営を建て直すのも、かなり難しいことです。しかし、それをやらなければ企業にとって、最後は倒産しか見えてきません。

難しいけれども、挑戦しなければなりません。現実には、それが経営者の宿命です。

本書「商売復興計画」はそんな経営者にとって、色々な気づきを与えてくれる一冊です。

基本的に、故事を引用しての説明が多いのですが、本当に故事は現代の諸問題について、当てはまることが多いです。ということは、いつの時代も問題点は変わらない、と言うこともできるかもしれません。

歴史や古典を学ぶ一番の意義は、同じ過ちを繰り返さないこと、なのかもしれませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 国民の義務 | トップページ | 企業と経営革新 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

初めまして、川出と申します。
この度は拙著の書評をお書き下さり有り難うございました。
また、過分のお言葉恐縮至極です。
ご指摘の通り珠玉の古典の言葉は、正に「不易流行」であり、人間の本質的なものはどれだけの年月を経ても変わらないものだと推察しております。

拙著が、ささやかでも貴所の関連方々のお役に立てれば望外の喜びです。有り難うございました。

                川出 圭司 拝

川出圭司様、コメント有難うございます。
よもや著者ご本人様の目に触れるとは…。
今後も貴書の内容を参考に、クライアントにとって有益な支援活動をしていきたいと思います。

嬉しいコメント有り難うございます。

何かご諮問等ございましたら、
何なりとご連絡下さいませ。

川出 圭司 拝

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民の義務 | トップページ | 企業と経営革新 »