« 浦和 | トップページ | 一眼レフ »

2009年8月26日 (水)

天才の作り方

Tensai 所長です。

勝間和代氏が翻訳した、ということで読んだ本がこれ、「天才!成功する人々の法則」です。

著者のマルコム・グラッドウェル氏がまとめた「成功者の法則」が紹介されているのですが、本書で強調されるのは「生れながらの天才はいない」ということ。

天才と呼ばれる成功者には、他の人よりも多少アドバンテージのある境遇にあり、その境遇をいかに活かすか、にその法則があるようです。特に興味深いのは「1万時間の法則」です。1万時間を超えるだけの勉強や練習をすると「天才」の域に達するのです。

つまり、天才は「作られる」のです。決して、ある日突然、生まれるわけではありません。

天才を作るには、「本人の努力」と「努力できる環境」が必要です。これって企業の人材育成と一緒ですね。

もちろん、「持って生まれた才能」はあるでしょう。しかし、才能があるから天才になれるわけではないのです。イチローだって、タイガーウッズだって、日々の努力の賜物なのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 浦和 | トップページ | 一眼レフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浦和 | トップページ | 一眼レフ »