« 選挙へ行こう! | トップページ | 政権交代 »

2009年8月29日 (土)

アイ・アム・レジェンド

Iamrejend_2 所長です。

我が家のビデオデッキのハードディスクに溜まっている映画を久し振りに消化(?)しました。観たのはウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」。

新ウィルスのために事実上、全人類が死滅した地球でただ一人、免疫を持ち生き残った男のストーリー。

基本的に本作品は新ウィルスに感染したためゾンビ化した人類と、新薬の開発により人類を救おうとする主人公との攻防を描いたSFホラー「地球最後の男」のリメイクですが、新型インフルエンザが話題になっている現在、ちょっと気になる作品でもあります。

“人間”として唯一生き残った主人公が何を糧に闘うのか?という点が本作品の軸にもなりますが、やはり、「誰かのため、何かのために闘う」という心の糧があるか、ないか、その差は大きいものです。守るべき家族もいない、話しかける友人もいない、そんな世界で生きる主人公の日々には、やはり大きな孤独感、憔悴感に覆われていきます。

企業が長期にわたり、健全な経営を続けるには、やはり後継者の存在が大きいでしょう。子供に継がせるも良し、従業員に継がせるも良し、他社とのM&Aだって最終手段であるかもしれません。後継者の存在があれば誰だって、いい状態で会社を引き継がせたいものです。

経営者の方は、誰かにこの会社を継いでもらう、この仕事を継いでもらう、その意識を是非持って下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 選挙へ行こう! | トップページ | 政権交代 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選挙へ行こう! | トップページ | 政権交代 »