« 軽井沢の警官の手にデジカメが!? | トップページ | 明日から8月 »

2009年7月30日 (木)

活き活きとした組織

所長です。

昨日はTKCの研修で大宮に行っていました。

今回の研修は「活き活きした人と組織を実現するには」というタイトルで、人と経営研究所の所長、大久保寛司先生にご講演頂きました。

常日頃、私も思っていることなのですが、大久保先生曰く、「いい企業の共通点はあいさつ、きれい、あかるい」なのだそうです。

挨拶ができる、職場をきれいにする、職場の雰囲気が明るい、というのは誰が見ても当たり前の取り組みです。しかし、この当たり前のことをきちんとすることの難しさたるや、相当なものです。(意外と経営者の見ていない所で、挨拶がきちんとできないスタッフって多いんですよ。そういう企業の業績が悪い傾向はありますね。)

そして、職場の雰囲気はその職場の「仕事力」そのものなのだそうです。どんなに優秀なスタッフがそろっても、雰囲気が悪ければ、いいパフォーマンスは期待できないでしょう。(他球団の4番をそろえまくった時の巨人みたいなものでしょうか?)

さらに、その雰囲気は自己判断したものではなく、相手側から見なければ、その実態は分かりません。ある職場では手鏡をスタッフに支給し、常に自分の笑顔をチェックさせたそうです。

また、仕事をしているスタッフの目が輝き、そのスタッフが(特別な事情がある場合を除き)辞めない、というのが強い企業の共通点でもあるそうです。正直、私が見ていて、人の出入りが激しい企業は業績も悪いように感じます。(もちろん、中には人の流動性が激しい業種もあります。私の前職であるコンサルティング業界もそうです。しかし、大半が自分のキャリアアップのための転身なので、ちょっと意味合いが違うと思います。)

とりあえず、「挨拶」と「掃除」からやってみませんか?これなら、やる気さえあれば、どんな人でもできるのですから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 軽井沢の警官の手にデジカメが!? | トップページ | 明日から8月 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽井沢の警官の手にデジカメが!? | トップページ | 明日から8月 »