« ゴルフ初心者 パートⅢ | トップページ | 生キャラメルポット »

2009年6月12日 (金)

帝松

Mikadomatsu 所長です。

とうとう梅雨入りしてしまいましたね。未だに新型インフルエンザも感染拡大しているみたいですし、色々気をつけましょう。

さて昨日、川越税理士会の青年部の企画で、小川町にある松岡醸造さん(帝松、といえばお分かりになるでしょうか)にお邪魔しました。いわゆる、酒蔵見学です。

小川町は和紙で有名ですから、水の清らかさについて定評があります。そのきれいな水を使って、美味しいお酒が出来るのです。

到着後、まずは施設見学。酒造りがいかに手間がかかり、気も使い、体力も使う仕事かが良く分かりました。(あとは酒造りに対するこだわり等を話して頂ければ尚良かったのですが。)

施設見学の後はお楽しみの試飲。売店で試飲しながら、好みのお酒を購入しました。大吟醸ソフトクリームも美味しかったです!

ちなみに、酒税は日露戦争の時の戦費調達用の税金なのだとか。(源泉所得税もたしか、そうだったような…。)楽しみながらも、勉強になった一日でした。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« ゴルフ初心者 パートⅢ | トップページ | 生キャラメルポット »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴルフ初心者 パートⅢ | トップページ | 生キャラメルポット »