« マスク売り切れ | トップページ | 場当たり的税制改正 »

2009年5月21日 (木)

会社は毎日つぶれている

Mainichitsubureru 所長です。

いきなりですが、「会社は毎日つぶれている。」なんて言われたら、どう思います?

「そりゃ、どこかしらで倒産してるでしょう。離婚だって15分に1件くらいしてる、って言うし。」

いえいえ、違います。世の中の、どこかの会社が、ではありません。あなたの会社が、です。

「え?そんな訳ないでしょ。現に今、細々だけれどやってるわけだし。」そう反論するでしょうか?

しかし、貴社が創業した時と現在とを比べてみて下さい。成長してますか?それとも衰退してますか?

商売とは何もしなければ、日々倒産へと進んでいってしまいます。当初は社会のニーズを満たすビジネスでも、気がつけば陳腐化していきます。だから会社を成長させる前に「つぶれない努力」をしなければならない、と本書「会社は毎日つぶれている」は説きます。

経営者がこの厳しい時代を乗り越えるために必要なものは何か?本書は語りかけてくれます。

自分の会社が毎日つぶれている、という危機感を持つと、経営者がやらなければならないことは沢山あるはずです。(逆に、してはいけないこともあります。)

本書の面白い所は、社長の辞め時にまで触れている点。会社をつぶさないためには、社長は自らの引き際を間違えてはいけないし、そのために後継者選びも常にしておかなければならないのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« マスク売り切れ | トップページ | 場当たり的税制改正 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスク売り切れ | トップページ | 場当たり的税制改正 »