« 来ました、この時期が・・ | トップページ | いのちの体験 »

2009年4月 9日 (木)

今年の税制改正

所長です。

昨日は一日、TKCの研修会でした。内容は「税制改正」について。

この不況を打開すべく、経済対策としていくつかの税制改正があります。どれもパッと見は新聞やTV映えするインパクトのあるものです。

しかし、よくよく見てみると、一体どこの誰がその恩恵に預かれるのだろうか?と疑問視したくなるようなものばかり。本当に経済対策の機能を果たすのでしょうか?

なんだか選挙対策のための、小手先の改正のような気がします。

本来、税制改正とはそんなに簡単なものではないはず。税負担の公平性や経済効果を広く深く検討した上でなされるべきものです。それが何だか単なる思いつきのような…。定額給付金と同レベルのような気がします。

ちなみに、今回の経済対策としての税制改正は今年と来年の2年間に限るものがほとんどです。この2年間に減税したものを景気回復した3年後から取り戻す胸算用であることは明明白白です。つまり、消費税の税率アップです。こんなんで本当にいいのでしょうか…?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

« 来ました、この時期が・・ | トップページ | いのちの体験 »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来ました、この時期が・・ | トップページ | いのちの体験 »