« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

ついに、定額給付金

所長です。

新緑の美しい季節。日中、車で走っていると窓を全開にすると気持ちのいい陽気です。

そんなゴールデンウィーク真っ只中、私の住んでいる鶴ヶ島市では、ついに出ました!定額給付金!!

ちゃんと私の口座に振り込まれていました。(でも、妻はそのことを知っているので、私の自由にはなりません。決して…。)

この定額給付金。もらってみると、意外と嬉しいものです。でも、その嬉しさが危険です。

なにしろ、今回の景気対策予算、収入の裏付けのない支出なのですから。2年後に景気回復したら増税?本当に景気が良くなって、たくさん税金払える状況になっていればいいですけどね。

もし、そうならなかったら…将来の借金となるだけです。今既に破綻寸前なのに、これ以上、借金増やしてどうする!?

国民全員が政治家任せにするのではなく、もう少し真剣に政治や経済のことを考えなければいけないのではないでしょうか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月28日 (火)

スズキ アルト

所長です。

世界同時不況に苦しんでいる最中なのに、今度は豚インフルエンザ。今は飛行機で世界中を行きかう時代ですから、サブプライムの時のように対岸の火事を決め込むのは危険でしょうね。

Suzuki さて、当事務所の社用車の主力といえば、スズキアルト。その乗り回しの良さと低コストで、もうずっとお世話になっています。

そのスズキの会長、鈴木修氏の自伝ともいうべき本書、「俺は中小企業のおやじ」。

アルトだけでなく、ワゴンRやスイフト、ジムニーなどのヒット車を持つスズキをして、中小企業とは普通言わないでしょうが、鈴木会長はその意識で経営を続けているそうです。

鈴木会長は先代の後継者として入社するも、最初から社員に受け入れられた訳ではありません。時には左遷にも遭いながら、現場を知らない本社と喧嘩することもしばしば。そんな中で徹底した現場主義を身につけ、それが今のスズキの経営に生きています。

鈴木会長の強みは何と言っても、世界におけるスズキの立場をよく理解している、つまり、身の丈を知っている、ということではないでしょうか?身の丈を知っているからこそ、自社にとって最適な経営戦略をとることができるのでしょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月27日 (月)

ゴールデンウィーク?

所長です。

今週は4月最終週ですが、いつの間にやら既にゴールデンウィークに突入しているようです。

なんでも先週末の25日からスタートなのだとか。

しかも5月10日まで続くとのこと。

もしこの間、ずっとお休みなら、驚異の16連休!半月超えてるじゃないですか!?

でもこれって、不況のせいですよね?景気良かったら、こんなに休んでいられないですもんね。だとしたら、あまり喜べませんね。

当事務所はゴールデンウィーク中はカレンダー通りなので、最大5連休となりますが、会計事務所にとって5月は繁忙期。いつもゴールデンウィークが嬉しく思えません。かと言って、クライアントに会うのが仕事といってもよいのが会計事務所ですから、連休中に事務所に出てきても仕事はあまり進まず…。なんとも言えない時期です。

とりあえず、定額給付金も近々出そうですし、地元で消費して、少しでも経済に貢献したいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月25日 (土)

黒字決算支援

所長です。

昨日は一日、TKCの研修会でした。

内容は「黒字決算支援」についてです。

昨年からの世界同時不況の影響で苦しんでいる中小企業が増えています。我々税理士がお付き合いする企業の圧倒的多数が中小企業ですから、この現状をただ指をくわえて傍観しているわけにはいきません。

この厳しい時代にいかに利益を出してもらうか?これは簡単な問題ではありません。

一つ言えるのは、企業体質を変えなければならない、ということ。

その上で、我々税理士ができることは、財務面から企業体質を変えるための気づきを与えてあげることです。

今こそ、経理業務をIT化し、リアルタイムに経営数値をつかまなければなりません。そして、経営計画と比較し、次の一手を的確に打つことが経営者の仕事です。

あなたのそばには、いつも我々税理士と会計事務所スタッフがおります。是非ご相談下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月24日 (金)

伸びるしかけ

Noibirushikake 所長です。

御社では社員がすくすくと育ってますでしょうか?

「うちの社員は優秀だよ~」と自信満々の方、うらやましいですね。

でも、「うちの社員はダメだよ~」と嘆いている方のほうが多いかもしれませんね。

でも、嘆く前に、社員が成長するための体制が社内に構築されているのか、よく考えてみて下さい。人は成長する場がなくては成長できないのですから。

そこで本書、「伸びるしかけ」を是非手に取ってみて下さい。

とってもフレンドリーな口調で、シンプルに、人が成長できる場の作り方を教えてくれますから。

「人材」を「人財」にできた会社は強いですよ!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月23日 (木)

春の珍事?

所長です。

セ・リーグでは、WBCで原監督不在のため、オープン戦もロクにできなかった巨人が早くも首位街道を走りだしました。現有戦力ではダントツなだけに、選手それぞれが自分の力を発揮すれば強いのは当たり前ですね。

一方でパ・リーグでは楽天が(昨日現在)首位です。野村監督の言葉を借りれば、「春の珍事」という所でしょうか?

その楽天、WBCにも出場したエース岩隈投手と田中投手が絶好調です。特に3年目、弱冠20歳の田中投手は今シーズン3連続完投(うち2完封)で3連勝と驚異の快進撃です。田中投手に関しては、WBC効果なのか、WBC出場後、明らかに球威が増したそうです。

WBC出場中、田中投手に何があったのかは分かりませんが、大舞台を経験して一皮むける人はいるものです。

巨人でも、昨シーズンフル出場の経験で成長した坂本選手が今シーズン絶好調です。

やはり、若手には経験を積ませることが必要なのですね。そして、その経験の積ませ方が監督の力量による所なのでしょう。

さて、春の珍事は本物になるのでしょうか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月22日 (水)

百花繚乱

Ohana01 所長です。

今日はいいお天気で日中はTシャツ1枚で快適に過ごせましたね。(スーツを着ている身には地獄ですけど。)

ここ川越では、桜の季節は終わってしまいましたが、花が咲き乱れる季節はまだまだ続きます。

私の実家の庭では牡丹が咲きました(写真上)。これぞ正に「大輪の花」という感じですが、雨風に弱いので可憐な感じもします。

Ohana02また、七竈の花も咲いています(写真下)。北海道や東北などの北国では紅葉が見事な七竈ですが、川越ではイマイチのようです。見事な紅葉を期待して植えたのですが、北国で見られるような紅葉は未だに見れていません。

この牡丹も七竈も当事務所から見れます。

四季のある国ですから、その季節をしっかりと楽しみたいですね。

「 小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月21日 (火)

広大地

所長です。

今日は税理士会の例会でした。

そして、今日の研修内容は「広大地」。最近、相続税がらみの研修でよくネタにあげられるものの一つです。

「広大地」。読んで字の如く、広い土地のこと。この広い土地の評価をどうするのか、が問題になるわけです。農地ならいざ知らず、広い宅地なんかあったら、相続税が大変です。

しかし、広い宅地は実際に売却する際には分譲されて、中に道路が入ってしまったりします。つまり、「死んでしまう」部分が出てきますから、そのまま高い評価をされては敵わない、というのが実情です。

そのため、相続税法でも広大地の評価について評価減できるようになっています。では、何も問題がないのでは?と思いますよね。しかし、評価減できるかどうか、その判断基準が何とも曖昧で難しいのです。

納税者の皆様にも、その辺の事情をご理解頂ければ、と思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月20日 (月)

コアラ

Koara 所長です。

昨日はポカポカ陽気の日曜日。とはいえ、所用もあるので、なかなか遠出というわけにもいきませんので、散歩がてらに自宅の近くにある高坂の埼玉こども動物自然公園に行きました。ここなら車で20分です。

動物園、というほど珍しい動物がいるわけでもありませんが、幼児を遊ばせるには絶好のスポットです。地元の人しか来ないので、それほど混みあわないのも嬉しいポイントです。

ここの一番の目玉は「コアラ」。しっかり繁殖もしているそうです。

ところで、このコアラ。皆さんもご存知の通り、エサはユーカリの葉です。でも、このユーカリの葉は有毒で、コアラ以外の動物は食べません。コアラは戦闘能力が極めて低く、他の動物と生存競争をしては生き残っていけない生物です。そのため、競争相手のいない有毒のユーカリを食糧とすることに生き残る術を見出し、有毒なユーカリの葉を無毒化するための腸を持つに至ったのです。

時には相手と真正面から「戦わない」という選択もあるのですね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月18日 (土)

霧の伊香保

Ikaho0904 所長です。

昨日から伊香保にて毎年この時期恒例の大同生命の研修会があり、今朝帰ってきました。埼玉だけでなく、群馬、栃木、茨城、新潟、長野からも会員税理士が集まっての研修です。

伊香保ではまだ桜が咲いてましたが、昨日は雨、今朝も霧が立ち込めており、「キレイな桜を堪能」とはいきませんでした。

今回の研修、大同生命といえば企業防衛。つまり、生命保険を活用し、経営者の死から会社と家族を守る手法です。

企業防衛に小手先のテクニックはありません。いかに会社と家族を守りたいか、その思いの強さに尽きます。自分の死後も、会社と家族を守る、それが経営者の最後の責任です。

当事務所が行うのは「保険の勧誘」ではなく、「企業防衛の指導」です。その思いを強くして伊香保を後にしました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月17日 (金)

年輪経営

所長です。

昨夜、帰宅するとまだ子供が起きていました。そして開口一番言われた言葉。

「パパ、帰ってきちゃった~」

顔がニコニコしてたので、単純に言葉の使い方を間違えているだけのようなのですが、そのうち本気でそう言われる時が来るのかな、と思うとちょっと悲しくなりました。

Nenrinさて、先日のブログで紹介した「日本でいちばん大切にしたい会社」で選ばれた5社の一つ、伊那食品工業会長の著書「年輪経営」。

伊那食品の主力商品は「寒天」。一時期、TVでダイエットに効果的な食材として紹介され、爆発的人気になりましたが、通常、それほど「売れ筋」になるような商品ではありません。斜陽産業と言われても仕方のない業界かもしれません。

しかし、伊那食品は48年連続増収増益を誇ります。48年で増収増益が途切れた理由も、あの寒天ブームのあった年に爆発的に売上が上がってしまったためです。あの番組がなければ伊那食品の増収増益記録はまだまだ続いていたかもしれません。

48年連続で増収増益を達成したということはバブル崩壊の影響も受けずに乗り切った証拠です。不況を物ともしない経営の秘訣は日々、当り前のことをコツコツやり続けることにあるようです。決して一時的なブームに踊らされたり、舞い上がってしまってはいけません。

そのためには自社に「これだ!」というもの、つまり、他社では代わりの効かないオリジナリティがあるか、ということに尽きます。そのオリジナリティを支えるのは日々の精進に他なりません。

暑い日も、寒い日も、決して歩みを止めることなく、着実に成長していく。そう、木々の年輪のように。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月16日 (木)

ゴルフコンペ

Golf0904 所長です。

本日、富貴ゴルフ倶楽部にて、当事務所主催の第69回ゴルフコンペが、4組16名で行われました。多数の皆様にお集り頂き、ありがとうございました。

それにしても、雨や強風の合い間をぬっての開催。どれだけ皆さんの日頃の行いがいいのでしょうか?

富貴ゴルフ倶楽部は河川敷コースなので平坦。しかし、見事なまでの池とバンカーでプレイヤーを苦しめます。天候にまったく問題がない中で、言い訳のしようがないだけに心中穏やかでない方もいたのでは?

そんな幾多のハザードを物ともせず、優勝の島村様、準優勝の岡部様、おめでとうございました。次回も好スコアを期待しております。

次回は10月の開催を予定しておりますので、また多数のご参加をお待ちしております。

ちなみに私は「フック病」を克服して臨みたいと思います。(今度は「スライス病」だったりして。)

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月15日 (水)

経営計画

所長です。

NHKの朝のドラマ「つばさ」、皆さん見てますか?ちらほらと川越の風景が出てきて、地元民としては嬉しくなりますね。

さて、今夜はTKCのニューメンバーズの勉強会がありました。内容は「経営計画書の作成」について。

経営計画書の作成方法に絶対的方法はありません。100人いれば100通りの方法論があってもいいでしょう。

それゆえ、「他の人はどうやってるんだろう?」と思いつつも、中々聞き出す機会がありません。そういう意味ではとても有意義な勉強会でした。

この不況の時代、たしかに計画通りにことは進まないかもしれません。それでも経営者の魂を込めた計画書を作成することは経営の健全化につながるでしょう。経営理念のない会社は軸がぶれまくり、結局経営者が思うような経営はできないと思います。

経営計画書はあくまで計画書。いきなり完璧なものを作る必要はありません。大事なのは経営者の魂を込めること。経営者の思いを表現すること。そして、それを他者に伝えること。

怖がらずに、まずは一歩、踏み出してみましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月14日 (火)

次世代経営者塾

所長です。

当事務所ホームページでもご案内しておりますが、当事務所主催のセミナー、「次世代経営者塾」の参加者募集が始まりました。

「次世代経営者塾」というネーミングは当事務所オリジナルのもので、これからの新しい時代を担う経営者として成長して頂く場を提供するものです。(決して、若手とか後継者という限定をしているわけではありません。)

今回は当事務所初の試みで、次のように4回連続のシリーズ構成となっております。

6月 9日(火) 「決算書の読み方」
7月 9日(木) 「企業と税務」
8月12日(水) 「企業と経営革新」
9月 8日(火) 「経営計画書の書き方」

どれも経営者にとって必須項目です。定員8名と少人数制ですので、じっくりと学んで頂けると思います。

また、研修会終了後は近くの居酒屋で懇親会を開催しますので、異業種交流会としても有効です。是非、よき仲間、よきライバルを見つけて、経営の糧として役立てて頂きたいと思います。

詳しくは当事務所ホームページをご覧下さい。定員が8名と少数ですので、お申し込みはお早めに!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月13日 (月)

大切にされる会社

Taisetsunakaisha 所長です。

以前から「読まなきゃ」と思いながら、ついつい後回しにしていた本書、「日本でいちばん大切にしたい会社」。読了すると、「なんでもっと早く読まなかったんだろう」という思いが込み上げてきました。

本書では5つの会社が取り上げられています。その5社が著者が選ぶ「日本でいちばん大切にしたい会社」なのです。

しかし、その5社には「誰もが知ってる大企業」は入っていません。いわゆる中小企業や個人事業主ばかり。著者が大切にしたいと思う会社は決して会社の規模に左右されるわけではありませんでした。

著者が選ぶ基準は次の通り。

1.社員とその家族を幸せにする
2.外注先・下請企業の社員を幸せにする
3.顧客を幸せにする
4.地域社会を幸せに、活性化させる
5.株主を幸せにする

これを実践している会社は、不況にも負けず、どんなに立地条件が悪かろうとも好成績を出しています。本書を読んだ後は、不況を言い訳にできなくなりますよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月11日 (土)

階段工事

Kaidankouji01 所長です。

ここ数日、初夏のような日が続いていますね。今日はとうとう車のエアコン、クーラー入れてしまいました。

先日、旧事務所の改修工事を行いましたが、本日より現事務所の階段の改修工事が始まりました。

旧事務所は築33年ですが、現事務所も築25年と負けずに老朽化が進んでおります。どちらも基礎工事がしっかりしているので、倒壊などというような心配はないのですが、壁や床、照明など、細かい所の老朽化は避けられません。

ちなみに昨年は事務所内部の壁紙を張り替えました。

今回は現事務所の階段も思い切ってリニューアルです。工事が終われば、見違えるようになるでしょう。それまではご覧のように思いっきり、「工事現場」化しておりますが、その間にご来所される方、ご了承下さい。(それはそれで貴重かもしれませんが。)

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月10日 (金)

いのちの体験

Sindakingyo 所長です。

皆さんは家で飼っているペットが死んだらどうしますか?庭にお墓でも作りますか?金魚くらいだったら、トイレに流してしまいますか?

本書、「死んだ金魚をトイレに流すな」は幼児の時に生き物の命に対してどういう体験(いのちの体験)をしたかによって、命に対する価値観に影響を与えるのではないか?と提唱します。

命に対する価値観とは、他人に対してだけではなく、自分に対しても含まれるようです。要は殺人だけでなく、自殺にも影響を及ぼす、と。

幼児の時にできる命に対する体験として、もっとも身近なのは動物の死でしょう。故意かどうかは別として、誰でもアリ一匹くらい殺した経験をお持ちでしょう。子供が虫を観察しながら殺す行為に残虐性はなく、生と死に対する経験の一つにすぎないようです。

そこで重要なのは大人の存在。生と死という、何だかよく分からない事象に対して、親などの大人たちがどのような反応をしめすのか。悲しむのか、喜ぶのか、無反応なのか…。そこで初めて子供は目の前で起きていることがどういうことなのかを無意識に理解するそうです。

私も子供に真剣に向き合いたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月 9日 (木)

今年の税制改正

所長です。

昨日は一日、TKCの研修会でした。内容は「税制改正」について。

この不況を打開すべく、経済対策としていくつかの税制改正があります。どれもパッと見は新聞やTV映えするインパクトのあるものです。

しかし、よくよく見てみると、一体どこの誰がその恩恵に預かれるのだろうか?と疑問視したくなるようなものばかり。本当に経済対策の機能を果たすのでしょうか?

なんだか選挙対策のための、小手先の改正のような気がします。

本来、税制改正とはそんなに簡単なものではないはず。税負担の公平性や経済効果を広く深く検討した上でなされるべきものです。それが何だか単なる思いつきのような…。定額給付金と同レベルのような気がします。

ちなみに、今回の経済対策としての税制改正は今年と来年の2年間に限るものがほとんどです。この2年間に減税したものを景気回復した3年後から取り戻す胸算用であることは明明白白です。つまり、消費税の税率アップです。こんなんで本当にいいのでしょうか…?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月 8日 (水)

来ました、この時期が・・

職員Aです。

毎年この時期に、ブログを書かせていただいているような気が・・。

新学期を迎え、気候もだいぶ暖かくなり過ごしやすくなってきましたね。最近自分も「花粉症」がやっと落ち着いてきました。(とは言え、大きいくしゃみは出ますが・・。)

先日所長より「職員全員、健康診断を受けるように」・・とのお言葉がありました。

タイトルの意味が分かっていただけたでしょうか?・・そう、その時期なんです。そして苦手なんですよ、、「バリウム」が。。ゲップが出ないように我慢するだけでなく逆さになったり、横になったりと体勢がころころ変わりますし・・。

幸いにしてやり直しというのはないのですがいつもビビってますし、本当の事言うとすでに今から緊張しています。

ただ嫌だと言ってる訳にはいきませんよね。何せ自分の身体の事ですから。年に一回、自分の身体を知るいい機会だと思って臨みたいと思います。

ちなみに健康診断は6月ですが・・。いくら何でも気が早いですかね・・。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://www.kobazei.com/

2009年4月 7日 (火)

ケリー・クラクソン

Kellyclarkson 所長です。

アメリカン・アイドル、第一回目の優勝者にして、グラミー賞も受賞したケリー・クラクソンの4枚目のアルバムが発売、もちろん購入しました。

ちょうど先週末のアメリカン・アイドルの放送にゲスト出演していましたが、相変わらずポッチャリな彼女。CDのジャケットももう少し修正すればいいのに…とか思ってしまいますが(マライア・キャリーなんてかなり修正してますからねぇ)。

このアルバムに入っているシングル曲も既に全米、全英でチャート1位になっているとか。先日、グアムに行った時にもラジオで流れていました。日本ではFM79.5のパワープレイ曲にもなっています。

現在ではFOXチャンネルを視聴できる方しかアメリカン・アイドルの放送を見ることができませんが(BS11でも放送開始するという噂も…)、毎週見ていて思うのは、「単に歌が上手いだけでは歌手として成功できない。他者にはない個性がなくては。」ということ。

企業経営も同じ。

他社に取って替わられるような仕事しかできないようでは、この厳しい経済環境下では生き抜いていけません。お客様から「この仕事は、この会社でなければ!」と思わせることが重要です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年4月 6日 (月)

桜、満開

Sakura 所長です。

週末の暖かさで、自宅のベランダから見える桜もほぼ満開になりました。

さて、汚い話で恐縮ですが、昨日(日曜)、うちの子供(2歳)が初めてトイレでウンチをしました。

大人だったら当たり前のことですが、今までオムツでしかしたことのないウンチをトイレでする、ということは子供にとってかなり新鮮、かつ、ショッキングな体験だったに違いありません。

子供を見ていると、今まで出来なかったことが少しずつ出来るようになっていき、日々その成長を感じることができます。

しかし、いつからか「自分はもう十分成長した」と勝手に思い込み、自らの成長をやめてしまう人がいます。そして、自分にとって都合のよいルールを勝手に作り、耳の痛い話を遠ざけてしまいます。

本当は、まだまだ成長できる余地が、たくさんあるのに。

世の中に、完成されている人なんていないんです。イチローだって、WBCで悩み、苦しみ、極度の緊張感の中で疲労を蓄積してしまうんですから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年4月 4日 (土)

穏やかな土曜日

所長です。

今日は穏やかな土曜日。お花見をしている方も多いのではないでしょうか。ここ最近、花冷えの日が続いていましたが、昨日の暖かさで桜も満開に近くなっているので、この週末は絶好のお花見日和ですね。

そうはいっても、今日も相続のご依頼を頂いているクライアント先をご訪問してきました。今回の案件、今の所、難問はなさそうですが油断禁物。慎重に進めさせて頂きます。

それにしても今日はちょっと眠いです。

昨夜、税理士仲間との勉強会に出席し、当然のごとくその後、飲みに行ったのですが、スタート時間がもともと遅かったせいか終了時間も遅めになってしまいました。おまけに帰宅寸前に今日の朝食用のパンの購入を妻から頼まれていたことを思い出し、自宅を目前にしてまたコンビニに行ったりしたため、疲労度倍増。今日も仕事のため、12時には帰宅しようと思っていたのに、結局帰宅したのは1時半でした。

さらに今朝、子供が朝からハイテンションで6時にたたき起こされる始末。今日はあと1時間寝たかったのに…。

そんなこんなで今日はちょっとローテンションです。二日酔いではないのが救いですけど。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年4月 3日 (金)

定額給付金

所長です。

一昨日、ついに来ました。

定額給付金の申請書。

といっても当事務所のある川越市ではなく、私の現在の住所地はお隣の鶴ヶ島市。川越市に勝ちました!(まあ、川越市は人口も多いので時間が掛ってるのでしょうが。)

当事務所は川越市といっても、ひじょーに外れの方にあり、5分も歩くと鶴ヶ島市や坂戸市になってしまう位置なんです。だから自宅と事務所はすぐ近所なのですが、住所は川越市と鶴ヶ島市に分かれてしまってるんですね。

ちなみに、この定額給付金。経済効果の是非が問われていますが、鶴ヶ島市では地元に経済効果を生ませようと、「鶴ヶ島プレミアムセール」を実施するようです。なんでも一定期間中に鶴ヶ島市内で買い物をすると抽選で豪華賞品の当たる企画だそうです。(豪華賞品が何かは謎ですが。)

おそらく、どこの地域でも色々頭を悩ませていることでしょう。こんな丸投げの無責任な国家政策、ありなのでしょうか?この不況の中、やはり国民ひとりひとりが意識改革して、自ら切り抜けていかなければならないのでしょうか…。

定額給付金、少しでも経済効果が出てくれればいいのですが…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年4月 2日 (木)

強風ゴルフ

所長です。

今日は税理士仲間とゴルフでした。

昨夜、寝る時には「明日、起きたら晴れてていい天気なんだろうな。」と勝手に思い込んでいたのですが、起きてびっくり。雨は止んでますが、強風。

ゴルフ経験の浅い私は雨中のゴルフは一応、経験があるものの、強風の中でのゴルフは初めて。しかも、今日は河川敷です。風の影響、大です。

案の定、今日のゴルフはすさまじいものになりました。強烈な向かい風のホールでは真っ直ぐ飛んだボールが押し戻され、横風のホールではフェアウェイ1つ分くらい横に流される始末。私の場合、それでなくともお粗末なゴルフなのに、より一層ひどいスコアになってしまいました。

それでも、仲間と楽しくプレーできたので良しとしましょう。

それと、ここ最近、毎日のように私の腰をメンテナンスしてくれている接骨院の先生にも感謝です。お陰で一日、無事プレーできました。

みんなに感謝、です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年4月 1日 (水)

今日から新年度

所長です。

今日は4月1日。エイプリル・フールでもありますが、新年度の開始でもあります。新入社員や新入生、または転勤や異動で新しい職場に移った方など、新鮮な気持ちで今日を迎えているのではないでしょうか?現在、世界的な不況の中ですが、心機一転、希望を持って進んで行きましょう。

さて、今日の当事務所は所内会議デー。午前中は軽い大掃除(?)の後、所内会議。午後はTKCを交えての所内研修でした。

午後の研修のお題目は「電子ファイリング」。今まで紙で管理していた書類を電子データ化して管理するものです。所内のペーパーレス化、作業効率化に一役買ってくれると期待して、今年中に導入することを決定しました。

データ管理で危惧しなければならないのがデータのバックアップ。そのため、当事務所ではバックアップ用のサーバーも先日導入して、万全の態勢を整えております。

このように所内のIT化も益々進んでいきますが、IT化に偏向してもいけないと自覚しています。アナログの良いところも活かしながら、バランスのよい事務所経営を心掛けていきたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »