« エクレア | トップページ | 2月、終了 »

2009年2月26日 (木)

面倒くさがりやのあなたへ

Mendoukusagari 所長です。

私のことを「几帳面」とおっしゃる方が(たまに)いらっしゃいますが、ハズレです。たぶん、人一倍面倒くさがりに違いありません。でも、面倒くさがりだからこそ、いかに効率よく仕事をするかを考えます。

そんな私の背中を本書「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」は押してくれました。ああ、別に私は間違ってなかったんだぁ…とちょっと安心(自己養護)。

世の中にある便利な物とは、基本的に皆の「これ、面倒くさいなぁ、どうにかならないかなぁ」という発想が元になっています。洗濯機や食洗機ができたことでどれだけの主婦が助かったでしょう。自動車ができたことでどれだけ移動速度があがったでしょう。インターネットのおかげで外出しなくても買い物ができるようになりました。

これって、そもそも「楽したいなぁ」という発想がなければ生まれなかったものでしょう。だから決して「楽をしたい」という気持ちは悪いことではないのです。

但し、「楽をしたい」「面倒くさい」から「いい加減にする」のではいけません。

「楽をしても、いい加減にならない」、つまり、確実に成果につながる効率的なやり方を考えなくてはならないのです。いくら頑張っても成果がでない人は、大抵、頑張り方を間違っています。英検の試験を受けるのに、いくら漢字検定の問題集を解いても意味はないのです。

でも、どうしたらそうできるのでしょう?そのヒントが55個も本書に詰まっています。55個もヒントがあれば、どれか1つくらいあなたにピッタリな法則がみつかるのではないでしょうか。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« エクレア | トップページ | 2月、終了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エクレア | トップページ | 2月、終了 »