« おかあさんといっしょ | トップページ | 新年会 »

2009年1月20日 (火)

粉飾決算

Hunshoku 所長です。

本日ご紹介するのは「法廷会計学 vs 粉飾決算」という、なんとも生々しいタイトルの本です。ライブドアや日興コーディアル証券、NOVAなどの粉飾決算事件について著者が独自の視点からその真相に迫ります。

本書を読んで感じたのは、まず、粉飾決算に対する刑罰が曖昧だということ。その量刑は「世間からどれだけ悪いイメージを受けたか」に左右されていると言っても過言ではありません。これは法治国家としては情けない現実です。

粉飾決算を悪とし、罰するのであれば、その刑罰の基準を明確にすべきです。それにより、粉飾決算の抑止としなければ、粉飾決算における刑罰は有名無実でしょう。

個人的には上場企業に限らず、中小企業に至るまですべからく粉飾決算は有罪となるような法律の設置が必要だと思います。これまで、少なからず粉飾決算を見逃す雰囲気が日本にはあったように感じます。結局、それが企業の成長の妨げとなっていなかったでしょうか?

夢に向かって進んでいく経営者にとって、粉飾決算は絶対にあってはならないことなのです。決算書はその会社の実力を反映したものでなくてはなりません。誰が見てもいい決算書は税理士や会計士などの会計実務者が作るものではなく、経営者が日頃の業務を通じて作り上げるものなのです。

この厳しい経済情勢を乗り切るために、粉飾決算を捨てる勇気を持ちましょう!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« おかあさんといっしょ | トップページ | 新年会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おかあさんといっしょ | トップページ | 新年会 »