« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

1月終了!

Umenohana03 所長です。

我が家では梅の花が咲きました。春はそこまで来てますね。実感ないですけど。

さて、当事務所では今日で1月の業務終了です。末日が週末にかかるため、申告期限や納付期限は来週月曜(2月2日)ですが、やっぱり月末までに仕事が終わらないと気分悪いですからね。

1月は会計事務所にとっては結構やることがあるんです。年末調整から始まって、税務署に提出する法定調書、市町村に提出する償却資産申告書、給与支払報告書、これ全社まとめて今月ですからね。一つ一つは大したことありませんが、まとまると結構な作業量なんです。

これが終わると次はいよいよ確定申告。

すでに書類をお持ちになられている方もいますし、来週からは完全に確定申告モードですね。

確定申告が必要な方はお気軽にお問い合わせ下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月29日 (木)

勝間本

Katsumatadashi 所長です。

だいぶ風邪、インフルエンザが流行っているようですが、皆さんのまわりではいかがですか?手洗い、うがいをしっかりして予防しましょう。

ところで、また勝間本を買ってしまいました。今度は「起きていることはすべて正しい」。

本書では勝間氏の今までの論拠をもう一度分かりやすくまとめた、という感がありますので、これまで勝間本に手を出していなかった人にも読みやすく、また、全ての勝間本を読破した人にも総復習になって良いのではないでしょうか。

本書に書かれている「運を戦略的につかむ」方法には4つあるそうです。(ワタミの渡邉氏もたしか4つでしたね。)

「脳内フレーム120%活用法」、「即断即決法」、「パーソナル資産増強法」、「人間関係の兵法」の4つ。それぞれの内容を説明することは割愛しますが、結局、日々の訓練の積み重ね、ということです。ローマは一日にしてならず、勝間氏も一日にしてならず、でしょう。

皆さんも全て実行!とまでいかなくても、どれか一つくらい実践してみませんか?運は自ら引き寄せるものなんですから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月28日 (水)

電子申告の研修

所長です。

今日は税務署主催の電子申告の研修に出席してきました。といっても、私が電子申告の勉強をするわけではなく、商工会の職員さん用の研修です。

では、なぜそんな研修に出席したのか?

現在、国税庁、税務署が電子申告(e-Tax)の普及に苦心しているのは周知の事実かと思います。その一環で昨年より各地の確定申告無料相談会場での電子申告が導入されました。ここ川越地域でも、各商工会の無料相談会場での電子申告がいよいよ今年、導入されるのです。

私はいわば、その各商工会の電子申告のお手伝いをする、という役割なのです。今日はその確認と打ち合わせを兼ねた出席だったということです。

電子申告はまだまだ改善の余地があるものですが、やはり利用頻度を上げながら、より利便性の高いものにしなければなりません。そのためのお手伝いを我々税理士がさせて頂いているのです。

何年か後に、「電子申告っていいよね!」と言ってもらえたらいいのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月27日 (火)

お受験

所長です。

日中、ポカポカ陽気で、車に乗ってると気持ち良かったですね。居眠りには要注意ですけど。

そんな今日の午後、クライアントをご訪問すると社長ご家族は只今、中学お受験真っ最中とのこと。「落ちる」「滑る」という単語には十分注意しながら会話をしたつもりです。

私が小学生の頃、私立中学に進学する人は全校に2、3人程度だったように記憶しています。160人以上いた中での2、3人ですから、確率にして約2%。それが今では1割は私立中学に進学するのだとか。

たしかに附属中学を併設する私立高校が増えました。私の母校(城西川越)もいつの間にか中高一貫教育だとか言っております。時代の流れとは恐ろしいものです。

そういえば受験を控えた兄を尻目に弟君はDSに夢中。私が小学生の頃はゲームウォッチでしたが…。う~ん、時代の流れとは恐ろしい…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月26日 (月)

ジェネラル・ルージュの凱旋

所長です。

やっと今日で新年会Weekが終わりました。1週間で5回はねぇ…。

Jeneral

さて、待っていたものが出ました!チーム・バチスタシリーズの第3弾、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の文庫化!

早速、一気読みです。

著者の海堂尊氏は現役の医師でもある異色の作家ですが、その作品ごとに医療現場における問題提起をされています。本作では救急医療がテーマになっています。

昨今、妊婦の受け入れ拒否という問題が各地で露呈されていますが、本当に現在の救急医療の現場は崩壊寸前なのかもしれません。日本は国をあげてこの問題に取り組み、抜本的改革をする必要があるでしょう。定額給付金でゴタゴタしている場合ではありません。

それにしても、相変わらずの海堂ワールド。バチスタシリーズ最高傑作といっても過言ではありません。「ナイチンゲールの沈黙」がちょっと評価を下げただけに快心の一作ともいえるでしょう。

最新刊「イノセント・ゲリラの祝祭」にも期待、ですね。待ち遠しい文庫化…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月24日 (土)

春、間近

Umenohana02 所長です。

我が家のベランダの梅のつぼみがだいぶ膨らんできました。(う~ん、この写真では分かりずらいですね…。)

寒い、寒いと思っても、やっぱり春は近づいているんですね。(昨日は春の陽気でしたが。)

今、世界的に不景気の波が押し寄せていますが、春の来ない冬はありません。朝の来ない夜もありません。止まない雨もありません。

人知れず近づいている春到来に備えて、今は頑張り時ですよ!!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月23日 (金)

プロ意識

所長です。

今週は新年会Week。昨日が3件目。あとは土曜日と来週月曜日の2件。ウコンの力が手放せません。

さて最近、10代の若手男子アスリートが注目されていますね。ゴルフの石川遼、テニスの錦織圭の他にも競馬の三浦皇成(19歳)がいます。

三浦騎手は5歳の時から騎手を目指します。競馬学校を卒業し、プロ騎手としてデビューすると武豊の持つ69勝の新人最多勝記録を21年振りに更新しました。その勝利数は驚異の91勝。

騎手は小柄な体型が求められるため、子供の頃から三浦騎手は食生活に気を使っていたそうです。友達がお菓子を食べていても、三浦騎手はお菓子代りに茹でキャベツを食べていたそうです。子供の頃から既にプロ意識を持っていたのでしょう。

人はどんな立場であれ、仕事に就いたらその道のプロです。だから報酬がもらえるのです。しかし、どれだけの人が「プロ意識」を持ってその仕事に臨んでいるでしょうか?成功の種は日々の積み重ねです。その日々の積み重ねができるかどうか、それがプロ意識の差なのでしょう。あなたのプロ意識、いかがですか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月22日 (木)

シンプルに考えよう

Thechoice 所長です。

「The Goal」が世界でベストセラーになったイスラエルのゴールドラット博士の最新刊「The Choice」。本書のサブタイトルは「複雑さに惑わされるな!」です。

「The Goal」でTOC理論を世の中に広めたゴールドラット博士ですが、サプライチェーン、及びヴァリューチェーンの中でどれだけTOCが本当の意味で活きているか疑問です。本書では、TOC導入の難しさを解説しているといえるものです。つまり、「複雑さに惑わされるな!」。

本書はTOCとか、サプライチェーンの知識がない人でも共感できる部分が多く含まれていると思います。ゴールドラット博士の理論は一般人にも分かり易くするため、基本的に小説仕立てになっています。

本書が特に説いているのは、ビジネスの場でも、日常でも、何か問題が起きている時、人はその問題の複雑さに惑わされて適切な対処ができていません。その問題の本質が何か、それを見極め、その問題解決に向けて集中的対処をすればよい、ということです。「ものごとは、そもそもシンプルである。」と考えるようにしましょう。そこから、今まで考えのつかなかったような解決策が生まれるかもしれません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月21日 (水)

新年会

Shinnenkai 所長です。

本日は当事務所主催の新年会でした。寒い気候の中、そしてご多忙の中、大勢のクライアントの皆様、提携企業の皆様にお集り頂き、有難うございました。改めて御礼申し上げます。

今回は鶴ヶ島駅前のアルカーサル迎賓館川越で行いました。初めての会場でしたが、とてもきれいな会場ですし、出席者の多くが近辺にお住いということもあってか、評価は上々だったように思います。

Shinnenkai2102 肝心の新年会の中身についても、ディズニーチケットや花畑牧場の生キャラメルなどの商品を取り揃えたビンゴ大会、最後まで途切れずに熱唱が続いたカラオケ大会と盛り上がり、出席者全員に配られたイチゴも好評でした。

世の中、不景気といわれておりますが、出席者の皆様には幸多き一年となりますよう、ご祈念申し上げます。「Yes,We Can!不景気なんて吹っ飛ばせ!!」

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月20日 (火)

粉飾決算

Hunshoku 所長です。

本日ご紹介するのは「法廷会計学 vs 粉飾決算」という、なんとも生々しいタイトルの本です。ライブドアや日興コーディアル証券、NOVAなどの粉飾決算事件について著者が独自の視点からその真相に迫ります。

本書を読んで感じたのは、まず、粉飾決算に対する刑罰が曖昧だということ。その量刑は「世間からどれだけ悪いイメージを受けたか」に左右されていると言っても過言ではありません。これは法治国家としては情けない現実です。

粉飾決算を悪とし、罰するのであれば、その刑罰の基準を明確にすべきです。それにより、粉飾決算の抑止としなければ、粉飾決算における刑罰は有名無実でしょう。

個人的には上場企業に限らず、中小企業に至るまですべからく粉飾決算は有罪となるような法律の設置が必要だと思います。これまで、少なからず粉飾決算を見逃す雰囲気が日本にはあったように感じます。結局、それが企業の成長の妨げとなっていなかったでしょうか?

夢に向かって進んでいく経営者にとって、粉飾決算は絶対にあってはならないことなのです。決算書はその会社の実力を反映したものでなくてはなりません。誰が見てもいい決算書は税理士や会計士などの会計実務者が作るものではなく、経営者が日頃の業務を通じて作り上げるものなのです。

この厳しい経済情勢を乗り切るために、粉飾決算を捨てる勇気を持ちましょう!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月19日 (月)

おかあさんといっしょ

Familyconcert 所長です。

週末に子供と「おかあさんといっしょ、ファミリーコンサート」に行ってきました。

小さいお子さん、お孫さんをお持ちの方ならすぐ分かって頂けると思いますが、NHKで放送している「おかあさんといっしょ」のおにいさん、おねえさんやキャラクターが登場するライブコンサートです。

今回は浦和にあるさいたま文化センターでのBS版の開催。しっかりTV放送もあるそうです。

おかあさんといっしょのファミリーコンサートは幼児向けエンターテイメントの最高峰かもしれません。ステージを1時間もじっと見ているなんて、普通、幼児には無理です。ファミリーコンサートではいつもTVで見ているキャラクターが出てくるせいもあるでしょうが、子供達は最後までステージに釘付けです。

今日も我が家では子供がスプーのラッパを吹きながら踊ってます…。売店で色々買ってしまい、グッズが増えてしまったのが難点です…。スプラッピ、スプラッパ~♪

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月16日 (金)

キルフェボン

職員Fです。

先日、銀座にある「キルフェボン」というケーキ屋さんに行きました。タルトがとても有名でテレビや雑誌でよく紹介されているお店です。

混んでいるのを覚悟で行きましたが、予想以上の人にびっくり!!1階はケーキや焼き菓子の販売、2階はカフェスペースになっていて40分待ちでやっと席に着けました。

ふんだんに盛りつけられたフルーツ、タルト生地の食感とバターの風味がちょうどいいバランスでとても美味しかったです。かわいらしいお店の外観、きれいでおしゃれな内装、店員さんの心地よい接客でとてもいい癒しの時間をもらえました。

たまには、自分へのご褒美にちょっとぜいたくなティータイムもいいですよね☆

ちなみにこの日はいろいろな種類を食べたくて2人で4つも食べてしまいました。健康管理も今年の目標の1つなので運動もしないとなぁ・・・。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月15日 (木)

御不幸

所長です。

今日は税理士会の大先輩の葬儀に参列するため、川越の喜多院に行ってきました。

故人も喪主も御高名な税理士ですので、参列者の数は相当なものでしたし、故人の多くの功績にふさわしい立派な御葬儀でした。

今日感じたのは、現在の私の職業というのも、礎を築いた偉大な先人達の遺産の上に成り立っているということです。その末端とはいえ、先人達の業績を汚さぬよう、そしてさらに発展させられるよう努力していかなければなりません。先人達への恩返しを、これから現われるであろう後輩達にするために。

企業も同じです。「継続性」を忘れてはいけません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月14日 (水)

静岡、日帰り弾丸ツアー

所長です。

昨日はTKCの研修で静岡に行ってきました。日帰りで。新幹線だと東京から1時間で行けるので、十分日帰りコースですね。

Shizuoka001 新幹線で静岡駅に着くと、そこから車で掛川へ向かい、まずは積水ハウスの工場を見学。工場といっても見学用の場所は一見、住宅展示場です。しかし、その中では耐震実験などが見学できるようになっており、一見の価値はあります。

いくつか見た実験のうち、私が感動したのは「免震構造」です。通常、震度7の揺れでは何かにしっかりつかまっていないとイスにも座ってられませんが、免震構造の建物だと普通にイスに座っていることができました。体感的には震度7が震度4くらいでしょうか。びっくりです。実際、阪神大震災の時には積水ハウスの建物がけっこう残ったそうです。

Shizuoka003 続いて牧之原に移動し、静波海岸で雄大な駿河湾を見て感動(埼玉には海がないものですから)しつつ、畑会計事務所の見学会。日本全国にその名が轟く畑先生の立派な事務所を見てまた感動。噂には聞いていましたが、まさかこれほどとは…。将来の大きな目標に出会えました。

夜は静岡駅前で畑先生と静岡の若手税理士の皆様と懇親会。静岡おでん(特に黒はんぺん)と静岡割り(焼酎の緑茶割り)を堪能しながら、帰りの新幹線の時間ギリギリまで楽しくも熱い時間を過ごしました。

静岡は熱く、楽しい先生が沢山いらっしゃるので、またすぐにでも行きたくなりました。本当に朝から充実した一日でした。ありがとうございました!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月13日 (火)

螺鈿迷宮

Radenmeikyu 所長です。

チーム・バチスタ・シリーズの番外編ともいえる本作。大ヒット作「チーム・バチスタの栄光」と「ナイチンゲールの沈黙」の間を補完する作品ともいえます。本編で田口講師とコンビを組む白鳥が医学生・有馬とコンビを組んで「ナイチンゲール…」にも登場した桜宮病院を舞台に終末期医療に潜むミステリーに迫ります。

海堂氏ならではの医療問題とエンターテイメント要素がうまくミックスし、本来なら難しくなりがちな医療問題を題材にしても、一般的なミステリー作品として楽しく一気読みできます。現役医師でもある海堂氏の底知れぬポテンシャルを感じさせます。

本作を読んで、改めて感じたのは、「医療とは、本質的に誰のための医療なのか?」

もし、本当に患者の余生を考えれば、採算度外視の医療になり、たちまち病院経営は破綻してしまうでしょう。病院経営を正常化させるためには患者を見捨てる結果になる可能性も十分にある。それが現在の医療制度なのでしょう。

本来、「ナイチンゲール…」の前に書かれた作品ですが、出版業界の都合により、「ナイチンゲール…」の後に出版されました。「バチスタ…」の正式続編の方が読者がつきやすいでしょうからね。その方が両方とも結果的に売れたのでしょう。

シリーズ4作目となる最新作「イノセント・ゲリラの祝祭」も刊行されましたし、こうなるとシリーズ3作目、「ジェネラルルージュの凱旋」の早期文庫化が期待される所です。私はすっかり海堂ファンです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月12日 (月)

成人式

所長です。

今日は成人の日。朝からテレビでは成人の日ならではの「大人の誓い」的な特集を放送しています。自分もついこの間のような気がしますが、すでに17年を経過して、もうすぐ2度目の成人式がちらついています。なんだか、あっという間ですね、ホント。

今振り返ると、20歳の頃は「自分はもう一人前」のような気がしましたが、とんでもない話です。でも逆に、そういう気持ちがないのも困りものでしょうけど。いつまでも人に頼っているようでは…。

だから、「今の若者は…」なんて言わずに、自分自身の初心に立ち返ってみましょう。あれからどれくらい自分が成長できたのかを。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月10日 (土)

厳しい時代こそ計画を

所長です。

川越も昨日からかなり寒いですね。でも、雪も心配されましたが大したことがなくて良かったです。

さて、今週の日経ビジネスAssocieでは「危機を生き抜く行動計画2009」というタイトルで特集が組まれています。内容は「厳しい時代こそ、計画的に行動しよう」という趣旨です。

記事によれば、現在30歳の夫婦では、老後に必要な自己資金は3,500万円だそうです。つまり、3,500万円の貯金が必要なのです!

これって、すっごい大変ですよね!正直、無理!という方も多いでしょう。

そこで経営者の方にお勧めなのは、生命保険を利用した退職金づくりです。年齢が若い方なら高い返戻率を利用して勇退資金を作ることも可能です。

でも、その前に…貯金をするにしても、保険に加入するにしても、支払能力が前提条件です。収入を増やすか、やりくりして捻出するか、いずれにしても「計画」が必要になります。

経営者なら自社の経営計画をしっかり作ることが必要でしょう。これからの厳しい時代、物を作れば、物を仕入れれば売れる、儲かる、なんてことはないのですから。

御社の経営計画作り、お手伝いさせて頂きますよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 9日 (金)

アルカーサル迎賓館

Alcasal 所長です。

今日の午後、当事務所の新年会の会場となるアルカーサル迎賓館川越を下見してきました。既に職員が事前打ち合わせに行き、確認済みなのですが、私はまだ行ったことがなかったのです。

当事務所の新年会は今月21日(水)、18時半開宴となっております。今日が締切日ですので、お忘れなく!

さて、アルカーサル迎賓館川越は5年ほど前に鶴ヶ島駅西口にオープンした結婚式場です。当事務所から近いこともあって、今回、新年会の会場にセッティングしました。

まだオープンしてから5年ほどしか経っていないこともあって、とてもキレイな会場です。何百人も入れるような大型施設ではありませんが、アットホームな感じで新年の祝宴を楽しんで頂けるのではないでしょうか。

ご来場者全員分のお土産も用意してお待ちしております。お楽しみに!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 8日 (木)

神頼み

所長です。

今朝の新聞で各地の初詣の参拝客数が出ていました。今年は例年よりも多かったようです。

埼玉県内で最も多かったのは例年通り、大宮氷川神社。アニメの影響で鷲宮神社も大幅増だそうです。(私は勉強不足でそのアニメ、知りません…。なんでも、アニメの舞台となったらしく、町もそれを宣伝して町興しをしたらしいです。)

私は元日に川越氷川神社(縁結びのご利益でも知られています)に行きましたが、こちらも混んでましたね。参拝が終わる頃にはクタクタになりました。

それにしても、今年の初詣客の増加は不景気によるものなのでしょうか。困った時の神頼み、というヤツでしょうか。

まあ、本当に「神頼み」の人はマズイと思いますが、お正月に神社等に行くと気持ち新たになるような気がします。それだけでもプラス効果ですかね。

ちなみに、芝の増上寺は徳川家の菩提寺でもありますが、「勝運」のご利益があることでも知られています。私はここに初詣に行った年に税理士試験に合格しました。「勝運」をつけたい人はどうぞ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 7日 (水)

筋肉痛

所長です。

今日は七草粥の日ですね。私は食べてないですけど…。年末年始にちょっと食べ過ぎちゃった人、飲み過ぎちゃった人は体のために食べてみるといいのではないでしょうか。

さて、昨夜、久し振りにテニスをしました。

久し振りなので打球感が合わず、内容は散々でしたが、汗をかく爽快感は格別でしたし、テニス仲間との年齢・職業を問わない付き合いも楽しいものでした。

その楽しさを胸に就寝する所までは良かったのですが…今日は筋肉痛です。まあ、翌日に筋肉痛が出るのは若い証拠、と言われるので良しとしましょう。

それにしても、最近、何をやるにしても「久し振り」になってしまうので、翌日の筋肉痛がつきものになっています。これではいけません。日頃の運動不足を解消し、健康を保つためにも、忙しさにかまけずに日々の適度な運動を心掛けよう、と(一応)思いました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 6日 (火)

久し振りの映画

所長です。

埼玉では年末から穏やかな日が続いています。お正月ボケは取れましたでしょうか?

さて、子供が生まれてから、とんと映画館に行くことがなくなってしまいました。徒歩10分でシネコンに行けるのに…。

そのため、もっぱら映画鑑賞は自宅のテレビ。しかも、DVDを借りに行くこともなくなってしまったので、頼みの綱はWOWOWやCS。

しかし、せっかくお金を払っているのに、家にいると子供が騒いで、なかなか落ち着いて映画鑑賞なんて…。レコーダーのハードディスクの残容量は減るばかり…。

そんな中、やっとの思いで見たのが、この2本。

Nightmuseum まずは「ナイト・ミュージアム」。博物館の展示物が夜になると生き返るドタバタ劇。誰もが子供の頃、想像したことがありませんか?骨格標本が夜中に動き出す…なんて。

子供向けの映画と侮ってはいけません。ハリウッドはお金の掛け方が違います。大人が見ても十分楽しめるエンターテイメント作品に仕上がっています。

Irumale 続いて「イルマーレ」。韓国の同名作品をハリウッドがリバイバルした作品。2年間の時空を飛び超えて知り合った二人の切ない恋は成就するのか…?

「それじゃ、辻褄が合わなくなるのでは…?」とか

「そのくらい、覚えてろよ…」とかいう野暮な突っ込みはやめておきましょう。純粋に「巡り合えないはずの二人の恋」を楽しみましょう。

ふう、久し振りの映画鑑賞でした。まだまだハードディスクの中には…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 5日 (月)

仕事初め

所長です。

今日からいよいよ仕事初めです。

当事務所の場合、年始のご挨拶どころではなく、毎年恒例、いきなり年末調整の残りを片付けるという、初日から残業覚悟の仕事初めです。

本来なら年内に全て片付けたいところですが、給料計算が年末年始にかかる会社や書類の不備がある場合など、どうしても年明けになってしまう会社があります。今年の場合、3連休明けの13日(火)が源泉所得税の納付期限となっていますので、それまでに処理を終わらせ、納税者に納付手続きを取ってもらわねばなりません。

今年は箱根駅伝で地元・東洋大が総合優勝しました。その勢いにあやかって頑張りたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 2日 (金)

箱根駅伝

所長です。

毎年、楽しみにしている1月2日。

そう、箱根駅伝です。

当事務所の近郊でも、東洋大、城西大、大東文化大が出場しています。

でも、ここ最近の箱根では駒沢を筆頭に、早稲田、山梨学院あたりが有力どころで、我がご近所3校が優勝争いに加わるのはどうか、と思っていたら!!

祝・東洋大、往路初優勝!!

大学野球では名門です(優勝すると鶴ヶ島をパレードします)が、駅伝ではいつもシード争いの常連。それが山登りの5区で驚異の8人抜き!文句なしの区間新を取った柏原選手の驚異の走りでしたね。

う~ん、感動。明日も頑張れ!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2009年1月 1日 (木)

賀正

所長です。

明けましておめでとうございます。

昨年後半からの世界同時不況の影響で、今年はかなり厳しい経済情勢になることが予想されます。しかし、そんな予想を吹っ飛ばすくらいに元気な一年にしましょう!!

一年の計は元旦にあり。

皆さんはどんな目標を立てましたか?

私は次のフレーズを事務所の今年のキャッチコピーにしようと思いました。(もちろん、まだ職員には伝えていませんが…。)

「モデルケースを作ろう!」

何のこっちゃ?と思われたかもしれません。でも、こんな厳しい景気の中でビジネスをやるには何か確固たるものが必要だと思います。その確固たるものが机上の空論に終わらないためにも、実現化までの具体的プロセスが必要になります。その具体的プロセスが「モデルケース」。言い換えれば、「勝利の方程式」。これが一つあると大きいと思いますし、応用も効くと思います。

しかし、モデルケースがない状態は、要は「行き当たりばったり」の状態です。これでは成功しても、「マグレ」にすぎません。悪景気の場合、マグレは連発しません。結果は必然的な赤字決算。そうならないためにも、是非、「モデルケースを作ろう!」

こんな感じで(笑)、本年もよろしくお願い致します。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »