« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月28日 (金)

来週は12月

所長です。

早いものです。

やっと今月の決算も何とか終わった、と思ったら…

来週はもう12月。今年も残す所、あと1ヵ月となってしまいました。

今年の年初に立てた目標、皆さん達成できそうですか?

私は今年から少し頑張ろうと思ったゴルフで「100を切る」を目標にしましたが、残念ながらまだまだ達成の域に届きません。腰痛を再発させたこともありますが、まだベストスコアはまぐれの105。大抵はまだ120程度。来月あと1回チャンスがありますが厳しいですねぇ。

兎にも角にも残りの1ヶ月を充実させて、いい1年の締めくくりにしましょう!

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月27日 (木)

千円札は拾うな

Sennen 所長です。

新刊の頃より気になっていたのに、結局買っていなかった本書が文庫本になったので思わず買ってしまいました。

「千円札は拾うな」

けっこうインパクトのあるタイトルですが、要点をいえば「資本投下するポイントを間違えるな」という所でしょうか。

道端に落ちている千円札を拾うことが理にかなっているか、どうか。その千円を拾ったばかりに一万円を損することはないのか。目先の利益に惑わされて、その先の大損の穴にはまってはいないだろうか。

色々な視点から気付きを与えてくれる本書、中には「それは言いすぎなのでは?」と思う箇所もありましたが、固定観念に縛られたままよりも、一度その固定観念を捨てて、様々な角度から見つめ直すことも必要でしょう。

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。」

これはアインシュタインの言葉として本書で紹介されているものです。あなたが今まで常識と思っていたことは、結局、あなたが今までの経験したことの結果にすぎず、普遍的なものではないのです。もしかしたら、隣の人にとっては非常識かもしれないのですよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月26日 (水)

リストラとリエンジ

所長です。

今日、「最近の不況はすごいですねぇ。」と地元金融機関の支店長様と話した後にふっと思い出したことがあります。今、不況による「貸し渋り」が話題になっていますが、銀行側からすれば「借り渋り」もあるのだとか。さて思い出したことというのは…。

「リストラ」と「リエンジ」。

「リストラ」は言うまでもないでしょうが、Restructuring(リストラクチャリング)の略で、「リエンジ」はRe-engineering(リエンジニアリング)の略。人間の体質改善に例えれば、「リストラ」がダイエットなのに対して、「リエンジ」は筋トレです。どちらも結果的には体重は落ちるかもしれませんが、体質にとっては雲泥の差が出ます。

不況下で企業が生き残るには「無駄なことをせずに」、「利益追求する」ことだと思います。要は無駄を省くだけではいけないのです。リストラだと無駄の排除は出来ても利益追求が出来ません。企業がすべきは「リストラ」ではなく、闘える体を作る「リエンジ」のはずなのです。

ところが皆さん、勘違いしているように思われます。最近、クライアントと財務内容について話をしていると「今年も厳しいからこの経費を削減しよう」と言われることが多くあります。決して「組織体制を見直そう」とか「製造工程を見直そう」とか「社員教育を見直そう」とか言ってくれません。

太っている人は太りやすい生活を送り、太っていない人は太りにくい生活を送っています。生まれつきの体質があったにせよ、大抵の人は毎日の習慣の中に原因があります。企業も同じです。毎日の習慣を変えない限り、小手先の経費削減をした所で限界があるのです。

「リストラ」ではなく、「リエンジ」ですよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月25日 (火)

コンサルティングって…

所長です。

今日はTKCの生涯研修を受講してきました。内容は「コンサルティング」について。「コンサルティング方法論」のような感じでしょうか。

私も前職で「コンサルタント」を名乗っていましたが、はっきり言って、「コンサルタント」って具体的に何をしている人なのか分かりませんよね?

一言で言ってしまえば、「解決策」を売り物にしている人、でしょうか。「解決」ではなく、あくまで「策」なので、本当に解決できるかは保証しかねます、という怪しい商売かもしれません。

でも、言い訳ではないのですが、本来、「解決」は売れないのです。だって、当事者ではないですから。

あくまで「解決」するのは当事者の責任であり、コンサルタントはそれについてアドバイスするしか術を持たないのです。

会社経営も同じです。いかに経営者が経営努力をするか、そこにかかっています。いくらいいアドバイスをしても、経営者がそれを聞き入れなければ意味がありません。要はコンサルティングって、双方のコミュニケーションに他ならないのです。そこを履き違えたコンサルティングが多いような気がします。

逆に自分にとって耳触りのいい事だけ言うコンサルタントを重用する傾向のある人もいますが、これが一番危険だと思います。

本当に親身になってくれる相談相手は耳の痛い事を言うものです。会計事務所も経営者にとってそのような存在になりたいと思います。だから…耳の痛い事も言わせて頂きますよ。御社の事を本気で考えているのですから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月24日 (月)

経営革新セミナーまであと2週間!

所長です。

いよいよ当事務所が開催する経営革新セミナー2008まであと2週間を切りました!

現在、セミナー開催に向けて準備を整えている所です。

今回のセミナーのテーマは「経営承継」。

まず、会社経営にとって経営承継がいかに必要であるか?

そして、経営承継の方法は決して一つではありません。

これを機に経営承継について真剣に考えてみましょう!

セミナー参加申込もできる小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月21日 (金)

大阪

所長です。

昨日から大阪に行き、本日夕方戻ってきました。TKC全国会のニューメンバーズ・フォーラムに出席するためです。

ニューメンバーズ・フォーラムでは北海道から沖縄まで、本当に日本全国から開業間もないけど「これからの会計事務所作り」に意欲的な税理士が集まり、二日間みっちりと研修を受けるのです。今回、私的にとても楽しみにしていた講演も2つあり、とてもよい刺激を受けて帰ってきました。

研修も大変ありがたいのですが、夜の懇親会もありがたいのです。ただでお酒が飲めるから…というわけでななく、全国の立派な先生方とお酒の力も借りて色々なお話ができるからです。今回も未熟者の私に皆さん親切に色々と教えてくれました。本当に感謝です。

また、大学時代の後輩の頑張っている姿も見られて、さらに刺激を受けました。こちらも先輩として刺激を与えられる存在でいられるよう、頑張りたいと思います。

ただし…今回、不本意なこともありました。

大阪に行ったのに、大阪らしいものに触れられなかった…。

タクシーの中から大阪城を見たくらいでしょうか。

Oosaka_3 大きなカニの看板も、グリコの看板も見てません。

お好み焼きもタコ焼きも食べてません。

結局、大阪に行った証拠はこの写真だけでしょうか。

まあ、去年の長野も、今年6月の宇都宮も、そんな感じでしたからね。でも近場の関東と、大阪では…。う~む。

とりあえず事務所をまるまる二日間あけてしまったので、ご不便をお掛けした方もいらっしゃったと思います。申し訳ありませんでした。その分、この二日間で得たものをこれからの事務所作りに早速活かしていきたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月20日 (木)

トップランナー

Topnunner 所長です。

NHKで放送されている「トップランナー」。各界のトップランナー達のトップランナーたる所以に迫ります。その番組の中でトップランナー達が発した言葉を集めたのが本書「トップランナーの言葉」。

トップランナーはそうでない者がしていないような過酷な経験を幾多も乗り越えていますから、その言葉には重いものがあります。

本書の中で私が一番感銘を受けた言葉は、フィギアスケートの村主章枝選手の「強い人間は、過去や運命を嘆かない」です。

何かつらい事があると、ついつい周りのせいにしようとしませんか?

商売がうまくいかないと、政治のせいだとか、サブプライムがどうしたとか…。どんな時でも黒字企業は存在しています。たしかに経済環境などの問題はありますが、原因はそれだけではないはずですよね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月19日 (水)

決算は誰のため?

所長です。

今月の申告業務が不調です。もう明日は20日にもなるというのに最終打ち合わせができていないクライアントもあります。期限内申告も危ぶまれてくる雰囲気です。

「納税」は国民の義務です。義務を果たせない国民に、国政を非難する権利はありません。

租税教室で小学校を回っていて、改めて感じることですが、税金は私たちの暮らしに欠かせない存在です。払いたくない気持も分からない訳ではありませんが、それは自分勝手というもの。

税金で作った道路を利用し、自分が出したゴミを税金で処分してもらい、税金で作った学校に子供を通わせているんです。皆さん、ごく自然に。

だから、経営者たるもの、きちんと適正な申告をして、納税しなければなりません。れっきとした社会的責任です。そのためには、きちんとした経理が必要。申告期限間際になってバタバタしているようでは納税意識が欠けていると言わざるをえません。

さらに適正な経営数値をタイムリーに掴めていないのでは、この厳しい経済情勢の下、きちんとした経営をするのは困難です。しっかりと儲けるためにもきちんとした経理が必要。

つまり、経理業務は自分のためにするものです。決して税務署や会計事務所のためにするものではありません。そこの所を今一度、考えて頂きたい今日この頃です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月18日 (火)

ブロック別研修会

所長です。

昨日は一日、税理士会埼玉県連のブロック別研修会でした。埼玉県内の川越・所沢・東松山の各支部合同の研修会です。今年も講師は人気の山本守之先生だったので会場は満員御礼状態でした。

職業柄、色々な研修会に出席する機会がありますが、その都度、「へぇ~」と思うことがあります。自分の不勉強さの表れなのですが…。

今回の「へぇ~」はフランスの税制です。

フランスはあまり長時間働かない国民性なのだとか。新しく大統領に就任したサルコジ氏。どうにかフランス国民をもっと働かせて経済成長できないものかと考えました。そこで出した政策が、

残業手当には課税しない

です。すごいですね。日本ではありえない発想です。働けば働くだけ手元にお金が残るのでモチベーションアップですよね。この効果か、残業が40%増加したと言われています。

この政策が吉と出るか、凶と出るかはまだまだ分からないでしょうけど、定額給付金よりはよっぽどポジティブな気がします。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月17日 (月)

さんぱく

Sanpaku01 所長です。

先週末、川越産業博覧会がありました。川越税理士会もPR活動を兼ねて無料税務相談のブースを出店です。私は昨日の日曜日に参加してきました。

しかし、朝からの雨で人影もまばら…。どうなることやら…。

Sanpaku02 そんな天気も子供たちの元気な太鼓が吹き飛ばします!ステージの上では地域性豊かなパフォーマンスが繰り広げられました。

子供たちの熱気のせいか天気は徐々に回復。子供たちに負けじと私たちもブース前でチラシ配りや声掛けで私たちの活動をPR。野菜の直売には勝てませんでしたが…。やっぱり食べ物は強いですね。

Sanpaku03 それでも我々の税務相談ブースもかなりの人が来てくれました。税金クイズで好成績の方には商品も出ましたし、楽しみながら税金に対する知識が深まりましたでしょうか?お役に立てれば幸いです。

税金は私たちの生活にとても密着したものですから、これを機にもっと身近に感じて頂いて、よりよい社会作りにつながっていけばいいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月14日 (金)

トレード

所長です。

野球では日本シリーズが終わり、アジアシリーズが昨日開幕し、WBCの人事が発表されていますが、その一方で早くも来季に向けて各チームが動き出してます。その中で当然出てくるのが「トレード」。

他チームに新天地を求めて、なのか、もう今のチームに居場所がないから、なのか。

巨人では有力どころとして清水、二岡が放出されます。二人とも若手の台頭で今年は存在感まるでありませんでした。(二岡はある意味、存在感ありましたが。)

野球に限らず、プロスポーツの世界は厳しいものです。1軍で活躍できるのはほんの一握りの選手だけ。皆、その栄光のポジションを目指して日夜努力を重ねているのです。

トレードで新天地を求められる選手はまだいい方でしょうか。戦力外通告されてトライアウトに臨む者、諦めて引退する者もいます。でも中には楽天の山崎のように戦力外通告された後に本塁打王に輝く人もいます。

ビジネスの世界でも同じですね。今、世界的に厳しい状況ですが、もともと厳しい世界なのです。それを皆がちょっと忘れてしまっただけ。真っ当な経営を心掛ければ、この難局もきっと乗り越えられるはずです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月13日 (木)

幼稚園

所長です。

小学校の次は幼稚園です。

といっても租税教室ではありません。もちろん。

私の子供の幼稚園選びの話です。要は私事です。すいません。

今日の午前中、1件見学に行ってきたんです。その幼稚園は車で10分ほどの所にあり、幼稚園に一歩入ると会話はすべて英語、という所。先生もほとんどネイティブですし、生徒もパッと見3割位はネイティブ。環境的に面白そうなので見学に行った次第です。

しかし、英語教育が熱心という訳ではなく、ネイティブの人達との日常的な接点から自然に英語を学んでいく、という方式。そうです、子供の言語能力は大人のそれとは比較にならない程高いんです。父親が英語、母親がフランス語なら子供は自然と両方身につくらしいですし。大人だったらノイローゼになるかもしれませんが。

しかも、日本文化にも沢山触れさせてくれるようです。今日は年長組は近所のお寺のお掃除(社会奉仕活動の一環らしいです)に行く、といって箒持参で出掛けていきました。

また、バイオリンと空手もやるそうです。音感と武道を通じた礼儀作法まで身につけるみたいです。今の幼稚園ってすごいですねぇ。

なんかいい事づくしみたいですが、世の中、そんなに甘くはありません。

そうです。問題はお金です。一般の幼稚園よりも高いようです。まあ、内容を考えれば当たり前なのですが…。

前職の時に、社内に普通に外国人がいて、普通に英語が飛び交っていた環境を知っている身としては、色々なカルチャーに触れられる環境というのはまさにプライスレスなものだと感じてしまいます。悩みますねぇ…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月12日 (水)

税を考える週間

所長です。

昨日から「税を考える週間」が始りました。(↓国税庁のサイトでも特集してます。)

http://www.nta.go.jp/kohyo/katsudou/week/index.html

最近、麻生新内閣が経済大綱を色々と出してきてますが、どれも浅はかな気がします。(定額給付金はその最たるものですね。)

折角の「税を考える週間」。国民もそうですが、政治家や官僚の皆さんにもじっくり考えて頂きたいです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月11日 (火)

租税教室

所長です。

今日は当事務所から車で10分の上戸小学校で租税教室が行われました。私もお手伝いで参加してきました。

租税教室とは、子供たちに税金の必要性を理解してもらう、社会科の授業の一環のようなものです。

今回の対象は小学6年生。その6年生全員が大教室に集合し、先生を合わせると約90名の大観衆の前で授業スタート。学校の先生ってすごいですね、いつもこんな人前で話をしてるなんて。

たしかに我々も人前で話をする機会はありますが、たいてい年齢層は高めになるので、子供ばっかりだとかなり勝手が違います。緊張。むしろ、私はおじいちゃん、おばあちゃんの方が落ち着きます。

それでも子供たちは一生懸命、私たちの話を聞いてくれました。みんなが助け合って生活するために税金は必要なのだ、ということを理解してくれてると嬉しいです。

その分、私たち大人がよい社会を作っていかなければいけません。責任重大ですね。

私は来月も2校回らせて頂きます。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月10日 (月)

第68回 ゴルフコンペ

Saitamagolf 所長です。

先週の金曜日に事務所主催の第68回ゴルフコンペが埼玉ゴルフ倶楽部にて開催されました。

当初は雨と寒さが心配されましたが、スタート時点で雨は降っておらず、3H目あたりから晴れてきて、長袖では暑いくらいの陽気になりました。これも参加者の日頃の行いの賜物でしょう。

見た目以上に難コースであったにも関わらず、それほどスコアを崩すことなく、プレーの方も天気同様、上々だったようです。

私も同伴プレーヤーのお陰で一日楽しい思いをさせて頂きました。

見事、午後の猛チャージで優勝された浅田様、自己ベストタイの好スコアで準優勝された島村様、おめでとうございました。

次回は来年春に開催予定ですので宜しくお願い致します。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月 7日 (金)

ジャーナリズム

Janalism 所長です。

アメリカではオバマ氏が新大統領に選出されましたが、選挙のやり方も含め、海外メディアの報道の仕方は日本のそれと異質のような気がします。

本書「ジャーナリズム崩壊」はニューヨークタイムズの経歴を持つ著者が日本の報道体制についての問題点を明るみに出します。

まず記者クラブが各報道機関横並びの弊害の元になっていること。記者会見が終わると各局の記者同士がお互いの取材メモを見せ合って、ネタの一元化を図っているそうです。

また、アメリカではスクープを追う通信社とじっくりとした取材を元に自説を訴える新聞社の区別がはっきりしているのに対し、日本では新聞社までもがスクープを追ってしまい、政治記者なのか芸能記者なのか分からない状態になっています。

そして、アメリカでは記事には必ず記者の名前を入れるのに対し、日本では基本的に匿名です。このため、ほとんどの日本人記者はジャーナリストとしての自己を確立できず、各局の売上貢献のみにやっきとなってしまい、ジャーナリズムの欠落が露呈されてしまうのではないでしょうか。

なんでもアメリカ型がいいとは言いませんが、正直、最近の日本のジャーナリズムに疑問を持っていたので、本書を読んで腑に落ちた次第です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月 6日 (木)

秋のGW!?

職員Cです。

事務所の来年用のカレンダーが出来上がってきた(もうそんな時期ですねぇ・・・)ので、誤字や乱丁等の確認をしていたら、つい9月で手が止まってしまいました(?_?)

「何ですか?22日の国民の祝日って???」

21日の敬老の日と23日の秋分の日の間にもう1つ赤い数字が・・・(^O^)

もしや土日と合わせたら5連休では!?

ちょっとした発見に少しだけ幸せ気分になりました(←単純(-_-;))

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月 5日 (水)

オバマ

所長です。

アメリカの大統領選挙、当初の予想通りオバマ氏の勝利でしたね。

一国の当主を決める選挙が世界的に報道されるのってスゴイことですよね。日本の総裁選なんて興味がある人、海外にはどれくらいいるでしょうか?一般人だと、ほとんどいないかもしれないですよね…。きっと興味ないだろうなぁ…。大体、今の総理が誰かも知らないんだろうなぁ…。

いずれにしても、この世界的な不況の中、まずは不況の原因ともいえるアメリカに立ち直ってもらいたいですね。新大統領に期待、です。(やっぱりブッシュはまずかったんだろうなぁ…。)

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月 4日 (火)

愛車、購入

所長です。

連休中に、ついにやりました。

愛車、購入です。

しかも新車。

現金一括購入。

しびれました。

Aisha 某ホームセンターで1万5千円なり。

これからきっと大活躍。冷たい風も何のその。

メタボよ、さらば…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年11月 2日 (日)

ふれあい祭り

Hureai 所長です。

この連休中、あちこちで地域フェスティバルのようなイベントが開催されているようです。

当事務所の近所でも「ふれあい祭り」というイベントが開催されました。地域自治会の会員による手作りのイベントで各家庭に配布されたチケットと引き換えで豚汁や焼きそば、ビールがもらえ、ステージでは踊りやカラオケなどが披露されます。

私も子供を連れて参加。子供は太鼓に合わせてリズムを取りながら、うどんを頬張っていました。

子供からお年寄りまで楽しめるよう、地域の人たちが趣向をこらしたイベント。お世辞にもよくできたイベントとはいえませんが、自分たちが暮らしている地域への相互理解を深める場として有意義だと思います。

これからも惰性ではなく、毎年、全員が本気で取り組めるイベントとして頑張ってもらいたいと思います。(自分に当番がまわってきたら大変なんだろうなぁ…。)

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »