« シルク・ドゥ・ソレイユ | トップページ | 来年の手帳 »

2008年10月23日 (木)

いつの間にかSuicaですよね

Suica 所長です。

電車に乗る時、すっかりSuicaやPASMOを使っているという方、多いのではないでしょうか?私も電車に乗る時にはPASMOを利用しています。いちいち券売機に並ぶことも、財布の中で小銭をさがすことも、目的地までの料金を確認することもなくなりました。便利な世の中です。

そんなSuicaの誕生秘話が描かれているのが本書、「Suicaが世界を変える」です。

Suicaを開発したのはJR東日本。当初、Suicaの開発計画が持ち上がった時、社内で理解を得るのに相当苦労したようです。だって、Suicaを開発できたところで、JRの売上が伸びる要素はないのですから。そのため、当初はコストダウンを切り口に、そして顧客サービスの向上へと体制を広げていったようです。

結果的にSuicaは当初の予想以上の広がりをみせています。一番大きな変化はJRと私鉄、バスが共通のカードで乗車可能になったことでしょう。だからSuicaかPASMOを持っていれば、首都圏ではどの路線も乗車可能なのです。

そして駅の売店やコンビニでも使用可能。朝の通勤時にちょっと新聞を、ちょっとコーヒーを、という時にとても便利。

さらに、不要になった券売機のスペースが空いたことによってテナントのスペースを新たに作ることができました。

結果的にSuicaのお陰で収入アップも実現できたのです。そして何より、それはJRだけでなく私鉄各社にも影響を及ぼしているのです。そう、Suicaが世界を変えたのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« シルク・ドゥ・ソレイユ | トップページ | 来年の手帳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルク・ドゥ・ソレイユ | トップページ | 来年の手帳 »