« 川越祭り | トップページ | 風度を上げよう »

2008年10月20日 (月)

また伊香保

所長です。

今朝、伊香保から戻ってきました。昨日から伊香保でTKC関信会の会合でした。

Haruna 榛名山もうっすら紅葉がはじまっているみたいです。(下から見ただけですけど。おそらく榛名湖まで行けば、結構紅葉してるかもしれません。あ~、でもこの写真じゃ全然分からないですね…。)

今回は作家の童門冬二氏の講演会に、大和ハウス工業のルーツと積水ハウスの温暖化防止の取り組みに対する研修会と盛り沢山でした。

大和ハウス工業の創業者・石橋氏の人物像に、積水ハウスの環境に優しい住まい作りの姿勢に触れられた研修会も良かったですが、やはり童門氏の講演が一番の楽しみでした。

歴史上の人物・事件を現代の経営に照らし合わせてみる独特の解釈(現在、「納税通信」紙でコラム連載中)で有名な童門氏がこの激しい経済環境をどうとらえているのか、はじめから興味を持って講演会に臨みました。

実際の童門氏はとてもユーモアのある方で、講演中、ジョークの連発で場内を沸かせていました。また、昨日で81歳の誕生日を迎えられたとは思えない元気さで、こちらも見習いたいたいと思いました。さて、その童門氏の講演内容、またの機会に触れたいと思います。

もちろん、伊香保といえば温泉。今朝もちゃんと5時に起きて温泉もしっかり堪能してきました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 川越祭り | トップページ | 風度を上げよう »

研修会・会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川越祭り | トップページ | 風度を上げよう »