« 久々の税務調査 | トップページ | 県連会長との懇談会 »

2008年9月18日 (木)

覚悟の違い

所長です。

昨日のニュースで世界的登山家の山野井さんが奥多摩でクマに襲われ、重傷を負ったことが報道されました。

その時、家族のコメントでは、本当に明るい顔で「生きてるだけで良かったです。」と語っていました。

普通なら悲壮感漂うような重傷のはずです。

でも、常に死と隣り合わせの登山家の一家だからでしょうか。死に対する覚悟が違うんですね。クマに襲われて重傷を負っても、明るく前向きに振る舞えるなんてスゴイです。

これってビジネスでも同じかもしれません。もちろん、クマに襲われて重傷を負うなんてとても嫌で、死んでも遭遇したくないエピソードですけど、覚悟の違いで、そんな時でも前向きに頑張れるんです。

ビジネスの場では長い間には「九死に一生を得る」なんてこともあるでしょう。その時に落ち込んでしまうか、前向きに頑張れるかでその後の人生に大きな違いが出るような気がします。

当然、“クマに襲われない”リスクマネジメントも必要ですが、実際に“クマに襲われた”場合の覚悟も同時にしておくことが肝要かもしれませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 久々の税務調査 | トップページ | 県連会長との懇談会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々の税務調査 | トップページ | 県連会長との懇談会 »