« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

豪雨

所長です。

昨夜の豪雨&雷はすごかったですね。

あんなに長時間、轟音と共に激しい雨が。今朝のテレビで「記録的豪雨」と出ていたので改めてビックリです。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

それにしても、今年の夏を振り返ってみると、梅雨明け宣言前から猛暑が続き、35℃を超える酷暑日もザラ。それがお盆明け一転、雷雨が続いたと思ったらあっという間に涼しくなりました。

Dayaftertomorrow なんだか、この映画を思い出してしまいました、「デイ・アフター・トゥモロー」。地球温暖化が進み海面上昇、激しい嵐と共に氷河期へと一気に進んでしまうストーリー。最近の日本の気象をデフォルメしたような内容ですよね。するとやっぱり、この気象も地球温暖化の影響なのでしょうか?

地球の将来がこの映画のようにならないように願うばかりです。あ、願うばかりでなく、自分にできるエコはできる限りやりましょう。

と書いているうちに今日も豪雨…。こんな毎日、イヤだ…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月28日 (木)

火災報知機

Houchiki 所長です。

火災報知機の設置が義務化されたのを受けて、当事務所でも設置しました。

火災報知機のお世話にならないように十分気をつけたいと思いますが、備えあれば憂いなし、ということで。世の中、何があるか分りませんからね。万が一の時には、被害は最小限にくいとめましょう。

ちなみに当事務所では全室禁煙となっておりますので、愛煙家の方は予めご了承下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月27日 (水)

オンリーワンよりナンバーワン

1bantsunku 所長です。

シャ乱Qのボーカル、そしてモーニング娘。のプロデュースで有名なつんく氏の新著、「一番になる人」のご紹介。

本書の中でつんく氏は「誰にでも1番になれるチャンスはある」と説きます。1番になれるのは決して特別な才能のある者だけではない、と。

但し、凡人の場合、「必要な努力」が必要条件になります。決して「無駄な努力」をしてはいけません。

つんく氏は自分のことを凡人だといいます。その凡人がヒット曲を書くためにはどうしたらいいか?これを徹底的に考え、曲を書くそうです。誰もが乗れるリズム、誰もが口ずさめるメロディ、誰もが自然に覚えられる歌詞。決して独りよがりではいけないのだと。その表れがシャ乱Qだったり、モーニング娘。だったりするのでしょう。

また、つんく氏は下積み時代、まだ100人がやっとの動員力だった時に、数ヶ月後に千人規模のホールでのライブを企画します。誰もが無謀な計画と思ったこの企画をつんく氏は成功させます。どうやって数ヶ月でファンを1000人も増やしたのか?

つんく氏の計算では、シャ乱Qの当時のメンバーは5人。5人で1日1人のファンを増やせば、5人×200日、200日÷30日=約6.6ヶ月。つまり、メンバー全員で1日1人のファンを増やせば、約半年後にはファンを1000人増やすことができる、というわけです。

半年で100人を1000人に増やす、と考えると厳しく思えますが、1日に1人でいいと思えば可能性は大きく感じられます。つんく氏は決して場当たり的ではなく、計算して出世街道に乗ったのです。

また、つんく氏は「1番になる必要」を説きます。1番になるためには何をすればいいのか。もしくは、1番になるためにはどの分野を選んだらいいのか?

つまり、ここでいう1番とは、何も「世界で1番」をいいません。まずは、自分の地域で、この分野だったら自分が1番だ、と言えればいいのです。映画の興行成績と同じです。洋画で多いのは「興行成績、全米1位!」のキャッチフレーズ。よく見ると「公開初日は」とか「公開後1週間では」とか「アクション映画では」の文字が。それでも「全米1位!」と言われてしまうと何だか見たくなってしまうのが人間心理です。

皆さんも是非、自分が1番になれるものを見つけてみませんか?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月26日 (火)

カレンダー

所長です。

まだ8月も終わっていないというのに、すっかり秋の気配。ちょっと前までは深夜でもセミが鳴いていたのに、今ではコオロギ。

ちょっと寂しいなぁ…と思っていたら、もう来ました。

来年のカレンダー注文用のカタログ。

もう、そんな時期ですか!?

う~ん、まだ来年のことなんて考えられませんが…。早割でもあれば気合入れて考えますけど。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月25日 (月)

五輪も終わり…

所長です。

とうとう北京オリンピックも終わりましたね。

なんだかんだ言いながら、結構楽しめた2週間でした。特にソフトボール悲願の金メダルは良かったですね。

その一方で、金メダル至上主義で臨んだ野球はガッカリでした。星野監督及び選手は精一杯頑張った結果だとは思いますが、本番で実力を発揮できなかった敗因についてきちんと反省して欲しいところです。

オリンピックは終わりましたが、テニスでは4大大会の一つ、USオープンが開幕します。

まだ8月なのにめっきり涼しくなってしまったので、早くも「スポーツの秋」ですかね。「食欲の秋」でメタボにならないよう気をつけましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月23日 (土)

ノート活用術

1satsunote 所長です。

皆さん、スケジュール管理やちょっとしたメモなどどうしてますか?

最近では携帯電話の利便性が向上したので、そちらを利用してるという人も多いかもしれません。まあ、人それぞれ色々な管理の仕方があると思いますが、何にせよ、「あれ、どこにメモしたかなぁ?」とか「あの時の議事録、どこ行ったかなぁ?」となってしまうと意味がありませんね。

そこで本書、「情報は1冊のノートにまとめなさい」では全て1冊のノートに集中管理させよう、と説きます。

正直、私は本書の管理方法を100%受け入れることはできませんが、意図する所は理解できます。

私は既述の通り、ワタミ社長渡邉氏プロデュースの手帳を愛用していますが、この手帳に通常のスケジュールはもちろん、「この人に電話しなくちゃ」と思いついたらそれもメモするようにしていますし、毎日日記をつけることも欠かしません。要はこの1冊に極力集約するようにしているのです。

でも困っているのは人の電話番号やメールアドレス。携帯電話のメモリに依存してますので、機種変した時にスムーズに移行できないとかなり困ります。ましてや故障、紛失なんてあったら一大事ですよね…。

それにしても…

星野JAPAN。なんということでしょう。銅メダルも逃すなんて…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月22日 (金)

ついに金!

所長です。

今日は朝からTKCの研修でした。当事務所では12月に経営承継をテーマに経営革新セミナーを開催しますが、そのオリエンテーション研修です。

それはそうと、昨夜は皆さん、テレビ見てました?そう、ソフトボール女子の決勝戦です。

とても緊張感のある、いい試合でしたね。特に2日間で3連投、400球以上を投げ抜いた上野投手には脱帽です。

アメリカには予選で負け、準決勝で負け、それでも決勝の大舞台での勝利。日本ソフトボール女子とすれば悲願の金メダルです。

これで日本でもソフトボール、盛り上がりますかねぇ。埼玉県の税理士会のソフトボール大会は10月3日。川越支部も金メダル取れますように!

え、野球?その話は今日はやめておきましょう…。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月21日 (木)

公益法人

所長です。

連日の夕立、たまらないですねぇ。私はたまたま豪雨の時には室内にいて、外出する時には止んでる、というパターンなので助かってますが。(日頃の行いかなぁ…。)

さて、今日は川越税理士会青年部・女性部の研修会でした。テーマは「公益法人」について。

公益法人に関する法律の改正があったため、タイムリーなテーマです。

しかし、税理士の中で公益法人の仕事を受けている人はごく僅か(のはず)なので、ちょっと遠い世界の話に聞こえてしまうこともありましたが、いつ、どこで、仕事の依頼を受けるか分りませんから、せめて概略だけでも掴み、最低限度の準備だけはしておかないといけません。

今日、講師を務めて頂いた先生は色々な“ネタ”をお持ちのようで、話の節々にネタをまぜて頂いて、とても興味深く聞け、勉強になりました。有難うございました。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月20日 (水)

経営革新

所長です。

今日は先輩税理士に同行して、TKCが公開している経営指標の配布に川越商工会議所と川越比企地域振興センターを訪問してきました。TKCの経営指標は各方面から信頼され、どこに持って行っても喜ばれます。

対応して頂いた担当者の方はどちらも中小企業の経営革新の担当の方。当然、話題は中小企業の活性化のために何ができるか、という所にいきます。

「中小企業新事業活動促進法」という法律があり、各都道府県の方で推進をしているのですが、実はあまり知られていない、活用されていない、というのが現状。商工会議所でも振興センターでも実績をこの川越地域で伸ばしたい、という思いがあります。

TKC全国会では中小企業の経営革新をバックアップしておりますし、今年は経営承継にも力を入れています。当事務所でも各機関と連携し、中小企業の役立ちになれれば、と切に願います。

これからの会計事務所は税務申告だけしていればいい、という時代ではありません。クライアント企業の役に立てて、喜んで頂けて、初めてその存在意義があるのです。昨夜の小手指の熱い夜から引き続き、今日もそんな気持ちになりました。この気持ちはずっと持ち続けたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月19日 (火)

小手指

所長です。

「小手指」と書いて「こてさし」と読みます。西武線沿線の方なら問題ありませんね。

今日は夕方から所沢は小手指にあるせきね総合会計様の事務所見学会に参加してきました。TKC主催のものだったのですが、事務所見学なるものを平然と企画してもらえるところにTKCの懐の深さを感じます。

事務所見学では所長先生の熱い思いを語って頂き、非常に刺激を受け、短い時間でしたがとても有意義な時間でした。改めて関根先生及び職員の皆様には感謝申し上げます。

事務所見学だけでも有意義だったのに、関根先生自ら予約して頂いたお店で懇親会まで開いて頂き、忙しい中でもやりくりして参加してとても満ち足りた思いです。

裏を返せば、それだけ刺激を受けたという事は自分を省みて反省すべき点が多かった、という事。今日の刺激をこれからの業務に活かしたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月18日 (月)

里山ビジネス

Satoyama 所長です。

お盆休みも終わり、今日から通常営業です。頭の中がすっかり五輪モードになってますが、しっかりシフトチェンジしたいと思います。

さて、「里山」ってご存知ですよね。昔ならどこにでもあった風景。今では都市部から離れた所に行かないと見られません。要は今では「辺鄙」と言われがちな場所です。

そんな辺鄙な場所で起業する人がいます。通常、ビジネスは人や物資の往来のある場所で行うものです。折角お店をオープンしても人通りがなければ人がお店に入ってきてくれません。人が来なければ物は売れません。これがビジネスの常識のように語られています。

でも、そんな辺鄙な所でも人が来てくれればビジネスになります。つまり、辺鄙な所でも、人が「行きたい」と思ってくれればいいのです。本書はそんな辺鄙な里山にワイナリーとレストランをオープンさせた著者の思いが綴られています。常識をいい意味で覆す、ってビジネスの妙味かもしれませんね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月13日 (水)

お盆

所長です。

今日からお盆休みという方も多いでしょう。各交通機関でもラッシュが始まっているようです。当事務所の近くの関越道でも下り車線は渋滞とのこと。この時期に帰省される方は本当に大変ですね。

私は幸か不幸か、私も妻も実家が車で30分以内なので「帰省概念」がまるでありません。子供にとってはつまらないかもしれません。(親にとってはすぐに孫に会えるので嬉しいようです。)

まあいずれにしても、お休みの方も、仕事の方も、ただ今渋滞真っ最中の方も、暑い中ですからお気をつけてお過ごし下さい。

当事務所では18日(月)から通常営業に戻ります。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月12日 (火)

夏合宿

Gasshuku08a 所長です。

昨日、一昨日と夏合宿でした。

え、何の?

川越税理士会の野球部・ソフトボール部の合同合宿です。

今年は群馬県水上で行われました。初日(日曜日)の日中に合同練習会です。私はソフトボール部に所属しているため、練習に参加です。標高が高めの場所なので(スキー場ノルン水上の手前)、風が涼しく気持ちが良かったです。川越の熱風が嘘みたいです。

Gasshuku08b二日目(月曜日)は群馬カントリーでゴルフ。ソフトでの筋肉痛と宴会疲れでスタート前の高揚感がありませんでした。もともと下手なのに、さらに輪をかけてひどいスコアになってしまいました。同組の方々には迷惑を掛けましたが、同組から優勝者を輩出したので悪影響はなかったようで一安心です。

おかげで今日は筋肉痛と日焼けによる肌の痛みと単なる疲れとの闘いでしたが、なんとか乗り切れそうです。ツライですけど、やっぱりいい天気の中で汗を流すのは気持ちのいいものですね。

ところで当事務所では明日(13日)から夏季休業となります。ご迷惑をお掛けしますが、ご了承下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月11日 (月)

そういえば、ゴルフ

職員Eです。

今年の2月にゴルフを始め、数回スクールに通い、3月にいきなり事務所内コンペでコースデビューを果たした職員Eです。

その時は、当然ながら散々な成績で、200近いスコアを叩き出しました。他の職員の皆さんに迷惑をかけて申し訳ないやら、情けないやら、悔しいやらで、その日、硬くリベンジを誓ったのでありました。

美しいコースに出て、ボールを打つという爽快さや心地よさ、自分の思い描くところにボールを打つという面白さが少し解った気がして、是非ともゴルフが上手くなりたいと思いました。

ところがコンペが終わった途端、何かと忙しく4、5、6月と練習から遠ざかってしまいました。「コンペがあるから」という早急な目標がなくなったので、気が抜けてしまったのかもしれません。

これではいけないと一念発起して、7月からポチポチと練習を始めました。とは言っても、主人と週末の夜に打ちっぱなしに行くくらいです。久しぶりにクラブを振ると、可笑しい位当たらず飛ばずでした。ほんの1ヶ月ゴルフをかじったばかりで、しかも3ヶ月のブランク。。。自分の思い通りに打てない歯痒さをどうしようも出来ません。

やっぱりもう一度スクールに行こう!と思って予約の電話をしてみると、時間帯改編で、本格稼動は9月からなのだとか。なんだ、折角人がやる気になってるのに、ついてない。。。

だらだらと愚痴っぽいことを書いてしまいました。

秋にはまた事務所内コンペもあるらしいです。そろそろお尻に火がついてきました。私のゴルフ道は前途多難ではありますが、コツコツと練習するっきゃない!せめて次にコースに出る時は、150(!?)くらいで回れたらいいなと秘かに目標を定めつつ、頑張ります。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 9日 (土)

租税教育

所長です。

昨日は猛暑の中、大宮でした。ちょうどいい機会だったので大宮の事務所に勤務している友人とランチをしました。短い時間でしたが、約2年振りだったので楽しい一時でした。

何故、大宮にいたかといえば、ソニックシティで行われた租税教育セミナーに参加するため。

租税教育とは子供たちを対象に「なぜ世の中に税金が必要なのか?」を教えるためのプログラムで、毎年、地域の小学校と税理士のコラボレーションで授業をしています。昨日のセミナーはその租税教育を行うための教師や税理士のためのものでした。

社会人になると当たり前のように払っている(引かれている?)税金ですが、子供たちにとってはその仕組みはよく理解できていません。そこで、「税金がないとみんなが通っている学校もなくなっちゃうんだよ。火事になっても消防車はこないし、殺人が起きても警察もこない。それだけ大切なものなんだよ。」とアニメーションビデオの力も借りて説明するわけです。

今年はまだ現時点ではどこの学校へ行くか決まってませんが、子供たちのためになるよう尽力したいと思います。

Gylisha また、セミナーの中で直木賞作家の阿刀田高先生の基調講演もありました。奥様の朗読もあり、興味深く拝聴しました。

先生の講演の中で印象に残ったのは「セレンディピティserendipity」という言葉。直訳すると「思いがけないものを発見する能力」。これだけだと「単なるラッキーパンチ」的な意味に捉えられがちですが、先生はこれに「努力をした上での」と付け加えられました。

ちなみに、私が阿刀田先生の著書で読んだことがあるのは「ギリシャ神話を知っていますか」ぐらいですが。ギリシャ神話を概略だけ知りたい方にはうってつけの本です。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 8日 (金)

裁判員制度

所長です。

昨日で税理士試験の全日程が終了しました。連日の猛暑の中での試験でしたから、受験生の皆さんはコンディション作りに大変だったと思いますが、実力は発揮できたでしょうか。とりあえずお疲れ様でした。12月の結果発表で吉報が届くといいですね。

さて、昨日は川越税理士会の例会でした。私は受付当番だったので早めに会場入りしたのですが、猛暑のためか、会場入りしてくる人は皆、汗だくで死にそうな顔でした。

例会の時には必ず研修会があるのですが、今回のテーマは「裁判員制度」。とってもタイムリーな話題でした。皆、興味がある所なのでいつも以上に質問が多数出ました。

私の印象としては、「うまく機能するかどうか難しそうだな。」というのが率直な所で、司法関係者は軌道に乗るまでは相当苦労するかもしれません。でも、一般市民が司法の場に立ち会い、生の法律に触れること自体はいいことだと思います。うまく軌道に乗れば法治国家としての発展が見込めるかもしれません。ただ、そのためには越えなければならないハードルが次々に現れてきそうですが。

裁判員に選ばれるのは0.1%にも満たないごく一部の方ですが、選ばれた方は是非頑張って頂きたいと思います。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 7日 (木)

会計で会社を強くする

Kaikeidetsuyoku 所長です。

今日は立秋。暦では秋?そんなバカな…という連日の猛暑の中、いかがお過ごしでしょうか?

皆さん、決算書は何のために作成しているかご存知ですか?

「投資家のため」 はい、教科書通りの回答ですね。上場企業ならその理屈が通りますね。でも、中小企業にはほとんど関係ないですよね。

「税務署のため」 はい、中小企業の場合、そんな印象があるかもしれませんね。だったら粉飾決算なんてしないですよね?

「銀行のため」 はい、融資を受けようと思っている方ならそうかもしれませんね。そりゃ粉飾決算もしたくなりますね。

でも、本当は…「自分のため」なんですよ。

そう説くのは本書、「会計で会社を強くする」です。

リアルタイムに自社の数値を正確に把握することこそ、これからの時代に求められる会社経営に必要なことです。例え結果的に赤字になったとしても、その理由をきっちり把握し、次年度にそれを挽回できる展望を持てば、銀行だって納得してくれるのではないでしょうか。(毎年赤字続きは問題外ですが。)

ろくに数値も把握できずに、決算数値の説明もままならず、次年度以降の経営計画も立てられない、そんな状況だから毎年黒字の決算書を出し続けないかぎり、銀行も納得しないのではないですか?

既述の武蔵野の小山社長なんて毎月、月次決算の内容を銀行に報告してるそうですよ。

当事務所でも経営計画作成のお手伝いしております。一緒により良い経営を目指しましょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 6日 (水)

天璋院篤姫

Atsuhime 所長です。

昨夜は川越税理士会の研修会に出席してきました。成年後見制度についての内容でした。身の回りに必要な方がいた場合、相談の取っ掛かりはつかめたかな、という感じです。

さて、NHKで人気放送中の「篤姫」。大河ドラマとしては久しぶりに視聴率もいいようです。宮崎あおい効果でしょうか。

Atsuhime02その原作、「天璋院篤姫」(上下巻)。私は学生時代は歴史小説が大好きで司馬遼太郎、吉川英治、山岡荘八など色々読み漁りましたが、何故か社会人になってからはあまり読まなくなってしまいました。なので久しぶりに歴史小説を読みました。

今回の大河ドラマがなければ、私の中では天璋院という人物は「大奥の実権を握っていた老女」というイメージでした。宮崎あおいが演じているから、という訳でもありませんが、よくよく原作も読んでみるとまず天璋院は若かった!という事実。明治維新後、徳川16代家達の養育をした後、亡くなったのは享年48歳。つまり、男性社会の中で若い女性が激動の時代を生き抜いたドラマだったのです。そこが視聴者の共感を呼んでいる所なのでしょうか、若い女性の視聴者が増えているそうです。

改めて考えると明治維新というのは本当に激動の時代です。徳川幕府がなくなり、江戸が東京になり、藩が県になり、藩主が知事になり、江戸城が皇居になり、髷も帯刀もなくなり靴をはくようになりました。それこそ価値観が天から地へと変わるようなものでしょう。

これからも価値観を変えられるような時代の波がいくつも押し寄せるかもしれません。その時に波に飲まれるのではなく、波に乗れるよう常にアンテナを立てている必要があります。

とりあえず、テレビではこれから幕府崩壊へ、という感じですね。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 5日 (火)

今日から税理士試験

所長です。

今日から三日間、税理士試験です。

日本全国の会場で皆、頑張っていることでしょう。

税理士試験は国家試験であり、年一回の開催なので、不合格になるとまたもう一年頑張らなければならないので皆、必死です。合格率も一科目につき10%ちょっと、つまり約10人に1人しか合格できません。

簿記論あたりだと受験初心者や記念受験(?)の人もいるようなので、比較的合格しやすいかもしれませんが、それでも5人に1人ぐらいの割合で十分難関試験といえるでしょう。

税法科目になると大抵の人が簿記論・財務諸表論を合格しているので同じ10%といってもその密度は高くなりますから、その難易度はいうまでもありません。たった1点差で明暗が分かれる、きわどい勝負が展開されるのです。

受験生の方は、年に一度のチャンスですから、日頃の努力の成果を十分に発揮して頂きたいと思います。

因みに私はもうあんな生活はまっぴらごめんです。条文暗記してる夢まで見ましたから。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 4日 (月)

久しぶりのプール

所長です。

毎日、暑いですね。35℃を超えると生命の危険を感じますね。水分補給を適度にしながら熱中症には気をつけましょう。

さて一昨日、子供をプールに連れて行きました。

プールなんて学生の時以来行っていませんので、「プールって何持っていけばいいんだっけ?」などという状態でしたが、行ってみると子供も大喜びで良かったです。

行ったのは越生町のウェルサンピア埼玉おごせ。自宅から車で30分程度の所にあり、幼児でも利用可能、そしてリーズナブル。小さい子供連れの場合には大きなプールも激しいアトラクションも不要なのでこのくらいがベストです。

プールサイドではビールが欲しい所でしたが、車の運転がありますからね…残念。(それに酔って泳ぐのも危険ですね。)

子供を遊ばせるのが目的なので自分は全然泳ぎませんでしたが、子供の相手をしながらプールの中にいるだけで結構筋肉痛になったのはちょっとショックでした。帰る時には「まだ帰りたくない」と駄々をこねた息子でしたが、車に乗ると爆睡。

それなりに夏を楽しんだ週末でした。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

2008年8月 1日 (金)

8月スタート!

所長です。

昨日で7月も終わりましたので、当たり前ですが今日から8月です。今月も暑さに負けずに頑張りたいと思います。

今日は所内ミーティングずくめの一日となりました。

朝は8時半から10時まで大掃除をし(私は社用車2台を洗車)、10時から12時まで秋に企画する事務所主催のイベントの打ち合わせ会議。午後はTKCを交えての自計化推進会議。

イベントについては事務所HPでも掲載しておりますが、11月上旬のゴルフと12月5日の経営革新セミナーの2つ。経営革新セミナーは当事務所ではおなじみの坂戸グランドホテルでの開催が決定しましたが、ゴルフについては諸条件のすり合わせでまだ場所・日程が確定していない状況です。なるべくいい条件で開催したいと思いますのでもうしばらくお待ち下さい。

自計化推進については、現在の状況確認と問題点の解決、そして自計化推進の本来の目的について再確認しました。当事務所で推進する自計化とは、TKC製の会計ソフト「FX2」をクライアントに導入してもらうものですが、その目的は「会計ソフトの導入」ではありません。会計ソフト利用による経理業務の効率化、そしてタイムリーに数値把握をすることによる企業体質の改善につなげることが本当の目的です。帳簿、ひいては決算書の作成は中小企業にとっては他人のためではなく、自分のために行うものです。この厳しい経済環境では経営者がタイムリーに経営数値を把握できなければ適切な経営は困難なのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »