« 睡蓮 | トップページ | 人生のプロジェクト »

2008年6月16日 (月)

宇都宮研修

所長です。

先週末の東北の大地震、大変でしたね。まずは被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。実は私はその地震が起きた時、研修で宇都宮にいました。おかげで帰りの新幹線がストップしており、宇都宮線で帰宅しました。

その研修、先週の金・土の1泊2日で行われました。宇都宮といえばTKC発祥の地。そうです、今回はTKCの総本山ともいうべきTKC本社と旧飯塚会計事務所の見学だったのです。

Suigetsuan まず金曜日はTKC本社の見学。TKCは当事務所にとって切っても切れない存在。クライアントの皆様の経理データはTKCのデータセンターで電算処理されています。電算処理の体制には万全を期したもので、益々安心できました。TKCの本社の奥には映画「不撓不屈」の主人公・故飯塚毅先生の自宅を移築した「水月庵」(写真)もあり、飯塚会長の生前が偲ばれます。

また、TKC本社では税理士法人アクティブイノベーションの大井敏生先生による基調講演も行われました。大井先生の話から伝わってきたのは「経営には魔法のような手法はなく、誰にでもできることをひたすらきちんとやり続けること」です。

凡人にはついつい「逆転満塁ホームラン」を狙いたくなってしまうものですが、コツコツとヒットと送りバントと犠牲フライを積み上げていけなければ優勝チームにはなれません。簡単そうに見えることを継続してやり続ける、ということは実は本当に大変なものであり、他との差別化にもつながるのですね。

二日目の土曜日は鹿沼の関口会計事務所様の見学。関口会計様の前身はあの飯塚会計。映画「不撓不屈」の舞台であり、TKC発祥の地でもあります。そう、TKCは飯塚会長が創立された組織、会社なのです。だからTKCのノウハウは元々は飯塚会計のノウハウでもあり、そのノウハウが当事務所でも活きているのです。

今回の研修は当事務所にとってもルーツを探り、原点に立ち返るとてもいい2日間でした。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 睡蓮 | トップページ | 人生のプロジェクト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 睡蓮 | トップページ | 人生のプロジェクト »