« 企業防衛 | トップページ | 睡蓮 »

2008年6月12日 (木)

ワイナリー見学

Wine08 所長です。

今日は税理士会の企画で勝沼のワイナリー見学に行ってきました。圏央道が中央道までつながってくれたお陰で山梨はとっても身近な存在になりました。

勝沼自体は初めて行ったのですが、ICを降りると一面の葡萄畑が出迎えてくれます。

Wine07 勝沼は周囲を山に囲まれた盆地で果物を栽培するのに適しています。勝沼の葡萄<甲州>はなんと1300年の歴史があるそうです。

大切に育てられている葡萄はその一房ごとに雨除けの傘がつけられています。手間暇かけて実った葡萄が美味しいワインへと変身します。

Wine01 本日お邪魔したのは勝沼醸造㈱様。小さなワイナリーですが、そこにはスタッフ一同のワインに対する愛情とこだわりがいっぱいつまっています。

そのワイナリーの中では大事に収穫された葡萄たちが美味しいワインとなって、至福の瞬間を待っています。

Wine04 さあ、その至福の瞬間です。

今日は8種類のワインのテイスティングをさせて頂きました。どれも愛情込めて作られた芸術品です。

テイスティングの前にはオーナーのワイン講座。「世界に通用するワインを」という熱意がヒシヒシと伝わる熱い講座でした。

Wine06 テイスティングの後はワイナリー直営のレストランで食事。美味しい食事にぴったり合う美味しいワイン。本当に贅沢な一時を過ごさせて頂きました。

今回、一番印象に残ったのはやはりオーナーの熱意です。日本におけるアルコールのマーケットはその7割以上をビールに占められているビール独り勝ちの状況です。ワインはたった2~3%にすぎません。その小さなマーケットに負けず、商品力を磨き、世界に通用するワインで勝負します。皆さんの会社における商品、サービスはどうでしょうか?売れない理由を外部に求めていませんか?勝沼醸造様のワインは飛行機のファーストクラスで出され、外国人からも好評を博しているそうですよ。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 企業防衛 | トップページ | 睡蓮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 企業防衛 | トップページ | 睡蓮 »