« レオナ・ルイス | トップページ | プロというもの »

2008年5月19日 (月)

ふたたびレオナ・ルイス

所長です。

先週末、レオナ・ルイスをネタに書いたら、ちょうど(日本で)昨日オンエアされた「アメリカン・アイドル」にゲストとして出演していました。なんてタイムリーな。

その「アメリカン・アイドル」、アメリカ各地で地方予選を行い、勝ち残った24人が本戦に出場。本戦からは視聴者による電話投票で毎週1~2人の脱落者が出て、最後に勝ち残った者が優勝、という仕組み。今年も昨日のオンエアでとうとう5人に絞られました。

この番組の面白い所は「視聴者投票」である所。アメリカでは日本国内では考えられない程、様々な人種や地域性によって好みが多様化します。そのため、純粋な歌唱力だけでは勝ち残れません。様々な好みの人達に受け容れてもらわなければならないのです。

これって、ビジネスと同じですよね。どんなにいい商品、いいサービスを持っていても、世間に対して正しくアピールできていなければ売れません。いい商品とサービスの開発力に加えて、プロデュース力も必要とされているのです。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« レオナ・ルイス | トップページ | プロというもの »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レオナ・ルイス | トップページ | プロというもの »