« 夏日 | トップページ | 跡取り娘 »

2008年5月 1日 (木)

客寄せパンダ

所長です。

上野動物園のパンダ・リンリンが死んだ、というニュースが新聞やTVニュース等でも報じられています。パンダという動物は絶滅寸前の希少動物であるだけでなく、何か人を魅了するものを備えている数少ない動物であるように感じます。そのために多くの人の関心事にもなるのでしょうし、日中の外交問題にもなるのかもしれません。

私は一般的な基準からすれば、かなり動物好きな部類に入る方ではないかと思うのですが、残念ながらまだ実物のパンダを見たことがありません。いつかは見たいと思っていたので、それだけに今回の訃報は残念に思えます。(まあ、今後、二度とパンダを見る機会がないか、と言われるとそうではありませんが、大きな機会の一つが失われたことに変わりはないでしょう。)

また、パンダという動物の繁殖力が低い、ということを皆さん、考えたことはあるでしょうか?普通、繁殖力の低い動物は外敵の多い野生では生き残っていけません。それなのに、パンダは今まで生き残ってきました。つまり、それだけパンダは平和な世界で生きてきた、ということなのです。その平和な世界を壊してしまったのは誰でもなく、人間なのです。そのことは強く胸に刻んでいなければならないでしょう。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 夏日 | トップページ | 跡取り娘 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏日 | トップページ | 跡取り娘 »