« Who are you ? | トップページ | 野球にもIT »

2008年5月28日 (水)

理念の欠落

所長です。

不祥事続きの船場吉兆がとうとう廃業に追い込まれましたね。一度は営業再開したものの、また新たに過去の不祥事が明るみに出てしまい、今回の仕儀に到りました。

もちろん、賞味期限を偽ったり、食材の使いまわしといった行為は消費者の信頼を裏切るもので、店の品格を疑うに十分なものです。

しかし、一番の問題は営業再開後に新たな事実が公になってしまった所ではないでしょうか。心を入れ替えて、誠心誠意お客様本位のサービスを展開すれば、このようなことはなかったでしょう。要は「経営理念」が欠落しているのでしょう。

経営者と従業員が理念を一にしていれば組織は強くなります。例え理念が社会通念からそれたものであっても。理念が欠落していれば、経営者と従業員の溝は深まり、内部告発に至るでしょう。また、理念があっても、その業種業態とかけ離れていれば、ビジネス展開がうまくいかないでしょう。

結局、船場吉兆は高級料亭としての理念を持てずに経営者だけが独走してしまっていたのでしょう。でもこれを他山の石とせずに、是非自社のこととして見直してみて下さい。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« Who are you ? | トップページ | 野球にもIT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Who are you ? | トップページ | 野球にもIT »