« 花粉に泡盛? | トップページ | 税制改正 »

2008年4月 8日 (火)

これからのゴルフ・ビジネス

Golfrune 所長です。

ゴルフ場のビジネスといえば、かつては会員権の売買でした。しかし、バブル崩壊と共に高価だったほとんどの会員権は無価値になり、経済的損失を被った人々も多かったでしょう。

しかし、本来のゴルフ場の有り方はそれでよかったのでしょうか?

本書、「ゴルフ・ルネサンス」ではこれからのゴルフ・ビジネスについて書かれています。外資系ファンドに売却されてから立ち直った数々のゴルフ場。それは日本におけるゴルフ・ビジネスの誤りを正した結果です。本来、ゴルフ場はそのゴルフ場でプレーする人々によって利益を上げるべきであって、会員権の売買に頼るのは間違いです。いかにプレーヤーに楽しんでもらうか、その視点が抜け落ちていたわけです。

これからあちこちでゴルフ場の再建が行われるでしょう。純粋にゴルフを楽しみたい人にとってはいい時代になるのかもしれません。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 花粉に泡盛? | トップページ | 税制改正 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉に泡盛? | トップページ | 税制改正 »