« 春眠、暁を覚えず | トップページ | なんとか一段落 »

2008年3月13日 (木)

演歌にも黒船

Jero 所長です。

角界が朝青龍、白鵬など外国人力士に席捲されている中、ついに演歌界にも黒船来航です。

もう今さら、という人も多いかもしれません。アメリカ生まれの初の黒人演歌歌手、その名もジェロ!

日本人の祖母を持ち、日本人以上に日本人の心を持っているジェロ。その歌声は「外国人がギャグで演歌を歌っている」などというレベルではなく、まさしく日本人の歌声。ラジオで流れれば、まさか外国人が歌っているとは思えません。

本当に意表をついた、というか、まさか黒人の外国人が演歌を歌う、というのは想定外ですよね。まったくもって世の中、何が起こるか分らないものです。だから何事も、過去に縛られた固定概念を持ってはいけませんね。大切なのは「変えてはいけない本質は何か」を見抜くことでしょう。

ラッパー風のいでたちで演歌を歌うジェロを見て、中には「けしからん!」と言う人もいるかもしれません。でもジェロはそのギャップを見事に活かして、「演歌の心」を世代を超えてアピールすることに成功しているように思えます。そこには日本の音楽界にとって大きな意義があるのではないでしょうか。

それにしても、ジェロ。早くも年末の紅白、確定ですかね!?

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 春眠、暁を覚えず | トップページ | なんとか一段落 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春眠、暁を覚えず | トップページ | なんとか一段落 »