« 確定申告書の送付について | トップページ | 今日の無料相談 »

2008年2月21日 (木)

そんなこと、あるわけない

Onigocco 所長です。

2月、3月は会計事務所にとって一番の繁忙期。よって、ついつい残業時間も増え、帰宅時間も遅くなります。

だからなのか、ついついビジネス書でもなく、歴史書でもなく、難しいことを言ってなさそうな小説に手がのびてしまいます。山田悠介の「リアル鬼ごっこ」。映画化もされました。

彼の小説は短編集の「8.1」で初めて読みました。はっきり言って、文章力はそれほどいいとは思えませんが、奇抜なストーリー設定は面白いです。

「そんなこと、あるわけないじゃん」

と突っ込みたくなる展開が多いのです。「リアル鬼ごっこ」でも、全国にいる佐藤姓の人々を国の方針で抹殺する、という具合。佐藤、という苗字であるだけで公然と殺されてしまうのです。しかも、抹殺しに来る兵士は「佐藤探知機」まで持っています。隠れても無駄です。生きるためには、追ってくる兵士たちから、ひたすら逃げなくてはならないのです。

でも、世の中、「そんなこと、あるわけない」と思っていたことが現実になるケースもあります。想定外のケースについて、事前に準備しておくことは極めて難しいですが、目の前で起きたことに対して柔軟に対処する心構えは必要なのではないでしょうか。

小林税理士事務所のサイトはこちらから
http://koba-zei.tkcnf.com/

« 確定申告書の送付について | トップページ | 今日の無料相談 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 確定申告書の送付について | トップページ | 今日の無料相談 »