« 王者、敗れる! | トップページ | 日本酒vs焼酎 »

2008年1月28日 (月)

ジョコビッチ

所長です。

昨日はすごかったですね。優勝、ジョコビッチ!

え、それなら白鵬じゃないか、って?あ~、大相撲なら白鵬の3連覇ですよね。千秋楽、横綱対決を制しての。

大相撲でこれだけ注目された一番というのは久しぶりですよね。これも一つの朝青龍効果なのでしょうか。チケット、視聴率ともに上々とのことらしいです。

さて、そんな白鵬優勝の陰に隠れてしまっていますが、昨夜、オーストラリアのメルボルンでテニス全豪オープンの男子決勝戦が行われました。ジョコビッチ(セルビア)とツォンガ(フランス)の、どちらが勝っても4大大会初優勝という一戦。

テニス4大大会というと、1月のオーストラリア(全豪)、5月のフランス(全仏)、6月のウィンブルドン(全英)、9月のアメリカ(全米)の4つの大会をいい、グランドスラムという言い方もあります。これらの大会で優勝することがテニス・プレーヤーの夢といってもいいでしょう。

結果は3-1で20歳のジョコビッチの勝利!準決勝で王者フェデラーを下しての、完全優勝といってもいいでしょう。

20歳といえば、日本では成人の年齢。先日も各地で成人式が行われ、20歳の若者の動向(どちらかといえば悪い方の)をテレビで放送していましたが、スポーツ選手の精神年齢って一般よりも成熟しているように見えますね。日々、厳しい競争社会で生き抜いている証でしょうか。

それはそうと、実は土曜日から風邪をひきました。マスク姿でうろついておりますがご容赦を。

« 王者、敗れる! | トップページ | 日本酒vs焼酎 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王者、敗れる! | トップページ | 日本酒vs焼酎 »